コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラキオサウルス ブラキオサウルス Brachiosaurus

6件 の用語解説(ブラキオサウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラキオサウルス
ブラキオサウルス
Brachiosaurus

爬虫類竜盤目竜脚亜目ブラキオサウルス科の代表属。四脚歩行性の恐竜。鼻孔は頭骨の頂上にある突起部に開いて,首は長く,体は巨大で,体長 25m。沼沢地にすみ,頭だけを水上に出して水中を歩き,藻類を食べるような生活をしていたと推測されていたが,近年,肢の構造から地上でキリンのように高い木の葉を食べるような生活をしていたのではないかといわれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブラキオサウルス(Brachiosaurus)

竜盤目竜脚形亜目竜脚下目の恐竜の一。中生代ジュラ紀後期から白亜紀前期に、北アメリカ東アフリカに生息。全長約25メートル、体高13メートル、体重40~80トン。四足歩行で前肢が後肢より長く、キリンのように長い首で樹高が高い針葉樹の葉などを食べていたと考えられている。1900年の発見当時からしばらくの間、史上最大の恐竜とよばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラキオサウルス

ジュラ紀後期〜白亜紀前期の草食恐竜。四脚歩行で,体長約25m,体重70t以上と推定され,恐竜の中で最も重く,史上最大級の陸生動物とされた。その後,不完全な化石ではあるが,より巨大な化石(スーパーサウルスウルトラサウルスとよばれている)が発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ブラキオサウルス

ジュラ期後期に生息した竜盤類竜脚形類の草食恐竜。全長約26メートル。竜脚類の代表的な種。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブラキオサウルス【Brachiosaurus】

爬虫綱竜盤目の竜脚亜目に属する中生代ジュラ紀後期の絶滅大型恐竜。最初アメリカコロラド州西部に分布するジュラ紀後期の地層から報告され,1914年にはアフリカタンザニアから最もよい骨格が発見された。この標本はベルリン市にあるフンボルト大学博物館に陳列されている。地面から頭までの高さ12m,体長約23m。体重は推定40~50t。前肢は4mあり,後肢よりも長く,この恐竜がキリンのように頭を高くもちあげていたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラキオサウルス
ぶらきおさうるす
brachiosaur
[学]Brachiosaurus brancai

北アメリカや東アフリカのジュラ紀後期、約1億5570万年~1億4550万年前の地層から産出した草食恐竜。分類学上は竜盤目竜脚形類(亜目)竜脚類(下目)ティタノサウルス形類Titanosauriformesブラキオサウルス科Brachiosauridaeに属する。その名は「腕の爬虫(はちゅう)類」という意味で、前肢が後肢よりも長いことに由来する。全長約25メートル、体高13メートル、体重78トンと恐竜のなかでももっとも重い四肢歩行の巨大な竜脚類。キリンのような体形で、かつては沼地を好み水中深くを歩いたという説があり、水面に顔だけ出して周囲を見渡すことができ、鼻孔は頭骨の隆起した稜(りょう)に取り囲まれていたといわれていた。しかし、1950年代初めには陸上生活に適応し、高い樹木の上のほうにある新芽を食べたとする説が主張され、60年代以降は肢(あし)がゾウのように頑丈で陸上歩行に向いていたと想像されている。四肢がじょうぶになる一方で、体重を減らすために、背骨には側腔(そくこう)とよばれるくぼみが発達し、椎骨(ついこつ)の側面はえぐられたようになり、薄い骨の板と柱でつくられている。肋骨(ろっこつ)も中空であった。鳥類にみられるような気嚢(きのう)が発達し、軽量化と呼吸機能を高めたという説もある。一方、2億5000万年前からジュラ紀にかけての1億年間、地球上の酸素濃度が異常に低いという厳しい環境のゆえに、恐竜の気嚢システムが出現し、恐竜の生存率向上に役だったという説も提唱されている。[小畠郁生]
『ヘザー・アメリー文、トニー・ギボンズ絵、富田京一訳『ブラキオサウルス』(1994・ほるぷ出版) ▽佐藤哲、ネイチャー・プロ編集室構成・文『恐竜の行動とくらし3 ブラキオサウルス――恐竜はどうしてここまで巨大になれたのか』(1995・偕成社) ▽NHK「地球大進化」プロジェクト編『NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅4 大量絶滅』(2004・日本放送出版協会) ▽平山廉著『最新恐竜学』(平凡社新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラキオサウルスの言及

【恐竜】より

…南アフリカでは海岸近くの白亜紀前期の地層から発見されたアルゴアサウルスAlgoasaurus(ブルームR.Broom,1904)の研究からはじまり,カルー盆地の三畳紀あるいはタンザニアのテンダグルのジュラ紀恐竜が有名である。テンダグルの発掘は1909‐12年の4年間行われ,ブラキオサウルスBrachiosaurusやケントロサウルスKentrosaurusなど総重量250tの恐竜が発掘された。その後,1924年にイギリス隊による発掘がある。…

【恐竜】より

…南アフリカでは海岸近くの白亜紀前期の地層から発見されたアルゴアサウルスAlgoasaurus(ブルームR.Broom,1904)の研究からはじまり,カルー盆地の三畳紀あるいはタンザニアのテンダグルのジュラ紀恐竜が有名である。テンダグルの発掘は1909‐12年の4年間行われ,ブラキオサウルスBrachiosaurusやケントロサウルスKentrosaurusなど総重量250tの恐竜が発掘された。その後,1924年にイギリス隊による発掘がある。…

※「ブラキオサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラキオサウルスの関連キーワードアロサウルス鳥盤類プテラノドンブロントサウルス翼竜アントロデムスコンプソグナツスタルボサウルスティランノサウルス竜盤目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラキオサウルスの関連情報