コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリキの太鼓 ブリキのたいこ Die Blechtrommel

3件 の用語解説(ブリキの太鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリキの太鼓
ブリキのたいこ
Die Blechtrommel

ドイツの小説家 G.グラスの小説。 1959年刊。3歳のとき太鼓を手にしたまま地下室に転落して,みずから成長を止めたオスカルを主人公に,ナチズムの浸透,ソ連軍の進駐,ポーランドドイツの間をさまようダンチヒ (現グダニスク) の状況から第2次世界大戦後の経済復興までを種々の文体で描いたもので,グラスの名を一躍世界的にした出世作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ブリキの太鼓

1979年製作の西ドイツ・フランス・ユーゴスラヴィア・ポーランド合作映画。原題《Die Blechtrommel》。ドイツの作家ギュンター・グラスの同名小説の映画化。監督:フォルカー・シュレンドルフ。第52回米国アカデミー賞外国語映画賞受賞。第32回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリキの太鼓
ぶりきのたいこ
Die Blechtrommel

ドイツの作家ギュンター・グラスの長編小説。1959年刊。精神科病院の患者オスカルが自分の半生を物語る回顧譚。3歳で地下室に転落して成長を停止したオスカルが、愛用のブリキの太鼓をたたき、破壊能力をもつ声を武器にして、ナチス時代のダンツィヒと戦後の西ドイツの混乱を生き抜く。小説全体は無数のエピソードの集積からなり、その奔放な着想と、機知とユーモアあふれる語り口で魅了しつつ、動乱の一時代全体を活写するのにみごとに成功している。79年フォルカー・シュレンドルフ監督により映画化され、カンヌ映画祭グランプリ、アメリカアカデミー外国語映画賞を受賞。[宮原 朗]
『高本研一訳『ブリキの太鼓』全3冊(集英社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリキの太鼓の関連キーワードヒルデスハイマーゴンクールアロースミスの生涯修理屋ナサリンフラニーとゾーイもう一つの国模範小説集ドイツの小さな町三つの眼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリキの太鼓の関連情報