コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリキの太鼓 ブリキのたいこDie Blechtrommel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリキの太鼓
ブリキのたいこ
Die Blechtrommel

ドイツの小説家 G.グラスの小説。 1959年刊。3歳のとき太鼓を手にしたまま地下室に転落して,みずから成長を止めたオスカルを主人公に,ナチズムの浸透,ソ連軍の進駐,ポーランドドイツの間をさまようダンチヒ (現グダニスク) の状況から第2次世界大戦後の経済復興までを種々の文体で描いたもので,グラスの名を一躍世界的にした出世作。戦後のドイツ小説界における最大の収穫といわれる。 79年に V.シュレンドルフの監督で映画化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブリキのたいこ【ブリキの太鼓】

《原題、〈ドイツ〉Die Blechtrommel》ドイツの小説家、グラスの処女小説。1959年刊行。3歳の誕生日に地下室に落ちて以来、身体の成長をとめた少年オスカルの数奇な人生を描いた長編。「猫と鼠」(1961年刊)、「犬の年」(1963年刊)とあわせ、3部作をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ブリキの太鼓

1979年製作の西ドイツ・フランス・ユーゴスラヴィア・ポーランド合作映画。原題《Die Blechtrommel》。ドイツの作家ギュンター・グラスの同名小説の映画化。監督:フォルカー・シュレンドルフ。第52回米国アカデミー賞外国語映画賞受賞。第32回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリキの太鼓
ぶりきのたいこ
Die Blechtrommel

ドイツの作家ギュンター・グラスの長編小説。1959年刊。精神科病院の患者オスカルが自分の半生を物語る回顧譚。3歳で地下室に転落して成長を停止したオスカルが、愛用のブリキの太鼓をたたき、破壊能力をもつ声を武器にして、ナチス時代のダンツィヒと戦後の西ドイツの混乱を生き抜く。小説全体は無数のエピソードの集積からなり、その奔放な着想と、機知とユーモアあふれる語り口で魅了しつつ、動乱の一時代全体を活写するのにみごとに成功している。79年フォルカー・シュレンドルフ監督により映画化され、カンヌ映画祭グランプリ、アメリカ・アカデミー外国語映画賞を受賞。[宮原 朗]
『高本研一訳『ブリキの太鼓』全3冊(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリキの太鼓の関連キーワードグラス(Günter Grass)ジャン・クロード カリエールフォルカー シュレンドルフダニエル オルブリフスキアンゲラ ヴィンクラーダヴィッド ベネントV. シュレンドルフギュンター グラス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android