コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリッカー ブリッカー Blicher, Steen Steensen

3件 の用語解説(ブリッカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリッカー
ブリッカー
Blicher, Steen Steensen

[生]1782.10.11. ビウム
[没]1848.3.26. スベントルーブ
デンマークロマン派詩人,小説家。ユランで牧師をしながら荒野を歩き回って貧農たちから取材した短編小説を書き,デンマーク小説の祖となった。代表作『詩集』 Digte (1814) ,短編『村の牧師の日記の断片』 En Landsdydegns Dagbog (24) ,『泥棒の巣窟』Røverstuen (27) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブリッカー【Steen Steensen Blicher】

1782‐1848
デンマークの作家。牧師の家に生まれ,自らも牧師を務める。ユトランドの片田舎で貧しく暮らし,家庭的にも不幸であった。母の狂気が彼の作品にメランコリー雰囲気を与える。前半は詩を中心に,後半は散文を主としたが,新しいジャンル――日常生活を描く絵画的な小品――を開く。共通語では表現しきれないユトランドの思い出,言い伝えなどを方言を用いてリアルに写し出すことに優れ,その代表作は《教会書記の日記》(1824)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリッカー
ぶりっかー
Steen Steensen Blicher
(1782―1848)

デンマークの小説家。下級牧師として好んでユトランドの沼地や荒野を巡回、農民や労働者と親しく交わり熱情的な詩や劇を書く。40歳を過ぎて小説に転じ、代表作『村の牧師補の日記』(1824)などでデンマーク散文小説の先駆者となる。下層にあえぐ人々に寄せる悲傷と哀感の筆致は今日も愛読者が絶えない。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリッカーの関連キーワードステノデンマーク王立バレエ団デンマーク体操デンマーク連合王国デンパークデンマーク王立管弦楽団ハンマー・オブ・エデンTHE BRIDGE ブリッジデンマーク・ロイヤル・バレエ団デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone