コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュッケ Brücke, Ernst Wilhelm von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュッケ
Brücke, Ernst Wilhelm von

[生]1819.6.6. ベルリン
[没]1892.1.7. ウィーン
ドイツの生理学者。ベルリン大学で医学を学び,J.ミュラーのもとで生理学を専攻した。 1849~91年ウィーン大学生理学教授。ヘルムホルツ学派に属し,生理学研究に物理学および化学的方法を導入し,現代生理学の方向づけを行なった。また,彼の生理学研究室にいた S.フロイトに精神分析理論の基礎となる影響を与えた。

ブリュッケ
Die Brücke

「橋」派。ドイツ表現主義を代表するグループ。 1905年ドイツのドレスデンで E.キルヒナー,K.シュミット=ロットルフ,E.ヘッケルの3人を中心として結成され,のち M.ペヒシュタイン,E.ノルデ,O.ミュラーらが加わった。フランスのフォービスムに類似しているが,絵画の方法そのものよりも,内的な衝動の表現を目指した。このグループにより 20世紀の表現主義の第一歩が踏出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブリュッケ

ドイツ表現主義の最初の運動を進めた芸術団体。〈橋派〉と訳される。1905年,ドレスデンの高等工芸学校の生徒であったキルヒナーシュミット・ロットルフ,E.ヘッケルが新しい芸術への〈橋〉となるべく結成,その後ペヒシュタインノルデも参加した。
→関連項目ドレスデンブラウエ・ライター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリュッケ【Die Brücke】

表現主義の先駆となったドイツの画家グループ。〈橋派〉と訳される。パリのフォービスム成立と同じ1905年にドレスデン工科大学建築科学生のキルヒナー,ヘッケルErich Heckel(1883‐1970),シュミット・ロットルフKarl Schmidt‐Rottluff(1884‐1976)らが当時の自然主義,象徴主義さらには印象主義に対する反発から,新しい表現を求めて結成した。〈橋派〉の名はシュミット・ロットルフがグループの結束を願って命名したものだが,後に彼らの作品が新しい芸術に向けての橋の役割を意味するものと考えられるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ブリュッケ

生年月日:1819年6月6日
ドイツの生理学者
1892年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のブリュッケの言及

【グローマン】より

…ドイツの美術史家,批評家。1907年にドレスデンで,当時結成されてまもない表現主義グループ〈ブリュッケ(橋)〉の展覧会を組織したのをはじめ,以後作家との交友に基づく数多くのすぐれた研究や評論を発表し,現代ドイツ美術の声価を国際的に高めるうえでも大きな功績を残した。著作としては,友人でもあったクレーとカンディンスキーの大部のモノグラフ(それぞれ1954,1958)がよく知られ,その他戦後ヨーロッパ美術を総観した《現代の美術》(1966)などもある。…

【ドイツ美術】より

…19世紀後半にはメンツェルのリアリズムが現れるが,ドイツの絵画はこのころから外国の影響を強く受け,ピロティKarl von Piloty(1826‐1886)やシュピッツウェークはフランス美術から,フォイエルバハやマレーはイタリアの造形から感化され,リーバーマンやコリントは印象主義の流れを汲んで様式の多様化をもたらした。パリでフォービスムの登場のあった同じ1905年,ヘッケルやキルヒナーらがドレスデンで組織した〈ブリュッケ(橋)〉は,1911年カンディンスキーやマルクがミュンヘンで結成した〈ブラウエ・ライター(青騎士)〉とともに,ドイツ現代絵画の出発点であった。色彩と形態とによって自然や人間の内側の世界にある不可視な領域を描き出すことを目ざした両グループはともに表現主義の名で呼ばれ,その系譜はダダやシュルレアリスムを経て第2次世界大戦後のエルンストやマイスターマンGeorg Meistermann(1911‐ )にまで及んでいる。…

※「ブリュッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリュッケの関連キーワードザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団ミュラー(ドイツの画家 Otto Müller)カイザースラウテルンSWR放送管弦楽団エルンスト・ルートヴィヒ キルヒナーヘッケル(Erich Heckel)ザールブリュッケン放送交響楽団カール シュミット・ロットルフマクシミリアン1世ヨーゼフワルラフ=リヒアルツ美術館オットー シュタイナートマックス ペヒシュタインシュミット=ロットルフザンクトイングベルトブラウエ・ライターヴィル グローマンカールテオドール橋オットー ミュラーフェルクリンゲンエミール ノルデドゥートワイラー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリュッケの関連情報