コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーマウンテン Blue Mountain

デジタル大辞泉の解説

ブルー‐マウンテン(Blue Mountain)

コーヒーの銘柄の一。西インド諸島ジャマイカ島のブルーマウンテン山(標高2256メートル)地方で栽培されるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産情報の解説

ブルーマウンテン

オーストラリア大陸東側を南北に走るグレート・ディバイディング山脈の一部、1436平方キロに渡って広がる地域がブルーマウンテンです。元々は違う名前で呼ばれていましたが、ユーカリが揮発するオイル分で一帯が青く霞んで見えることから"ブルーマウンテン"と呼ばれるようになりました。 シンボルとも言える奇岩スリーシスターズや、ユーカリの樹海や渓谷といった壮大な景観には誰もが心を奪われることでしょう。シドニーの中心地から車で2時間かからないことから、地元シドニーの人々や世界中からの旅行者に親しまれています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブルーマウンテン【Blue Mountain】

〔ジャマイカ東部の山地の名から〕
コーヒー豆の銘柄の一。ジャマイカ産。良質の香りをもち、最高級品とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ブルーマウンテン【Blue Mountain】


コーヒーの銘柄の一つで、ジャマイカにあるブルーマウンテン山麓の高地に産するもの。香りがよく、酸味、苦味などの調和がとれている。代表的な高級銘柄。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

ブルーマウンテンの関連キーワードエドワーズ:オーストラリアの3つのワルツ/piano soloブルー・マウンテンズ(ジャマイカ)グレーターブルーマウンテンズ地域グレートディバイディング山脈ベレ・ゴードン チャイルドブルー・マウンテン(地名)ニューサウスウェールズ州ブルー・マウンテンブルーマウンテンズマクォーリー川ジェノラン洞窟ブラックヒースシドニータワージャミソン渓谷エコーポイントカトゥーンバコーヒー豆ブルー山脈ブルマン横尾博之

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーマウンテンの関連情報