コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレンナー峠 ブレンナーとうげBrenner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレンナー峠
ブレンナーとうげ
Brenner

イタリア語ではブレンネロ峠 Passo del Brennero。東部アルプスの西寄り,オーストリアイタリアとの国境にある峠。標高 1375m。イタリア北部のベロナとオーストリアのインスブルックとを結ぶ道路が通じる。西のエツタラーアルペンと東のツィラタラーアルペンの境にあたり,また北の黒海へ注ぐ水系と南のアドリア海へ注ぐ水系との分水嶺をなす。古くはローマ軍道が通じ,14世紀以来ヨーロッパの主要な商業ルートの一つとなり,1772年には馬車道が,1867年には鉄道が通じた。さらに 1963年にはインスブルックとボルツァノを結ぶ高速自動車道も開通した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレンナー峠
ぶれんなーとうげ
Brennerpa

ヨーロッパ・アルプスの南北を結ぶ峠。標高1370メートル。日本ではブレンネル峠ともいう。オーストリアとイタリアの国境に位置し、黒海とアドリア海へそれぞれ注ぐ河川の分水界にあたっている。アルプス越えの重要な峠としてはもっとも低所にあり、1年を通じて自動車の通行が可能で、交通経済上の価値が高い。先史時代より「琥珀(こはく)の道」として知られ、ローマ時代にはすでに交通の要衝となり、北のマトライや南のビピテーノはローマ軍の宿駅であったし、中世には神聖ローマ帝国の南北を結ぶ掛け橋であった。1867年ブレンナー鉄道が峠を越えて通じ、貨客輸送量が増大したが、さらに1973年インスブルックとボルツァーノを結ぶ有料アウトバーンが開通し、南北交通はいっそう活発となった。1934年ナチスによるオーストリア首相ドルフースの暗殺に対しイタリアのムッソリーニは峠に軍隊を派遣してドイツ・オーストリア合邦を牽制(けんせい)した。ドイツのポーランド進攻後の40年3月、ここでムッソリーニとヒトラーとの間に日独伊三国同盟の結成が話し合われ、6月のイタリア参戦を促し、10月にも再度会談がもたれ、第二次世界大戦の拡大を決定的にした。[前島郁雄・進藤牧郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブレンナー峠の関連キーワードボルツァーノ(イタリア)ホーエ・タウエルン山脈ボルツァーノムッソリーニイーザル川ベローナトレント

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android