コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレンナー峠 ブレンナーとうげBrenner

2件 の用語解説(ブレンナー峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレンナー峠
ブレンナーとうげ
Brenner

イタリア語ではブレンネロ峠 Passo del Brennero。東部アルプスの西寄り,オーストリアイタリアとの国境にある峠。標高 1375m。イタリア北部のベロナとオーストリアのインスブルックとを結ぶ道路が通じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレンナー峠
ぶれんなーとうげ
Brennerpa

ヨーロッパ・アルプスの南北を結ぶ峠。標高1370メートル。日本ではブレンネル峠ともいう。オーストリアとイタリアの国境に位置し、黒海とアドリア海へそれぞれ注ぐ河川の分水界にあたっている。アルプス越えの重要な峠としてはもっとも低所にあり、1年を通じて自動車の通行が可能で、交通経済上の価値が高い。先史時代より「琥珀(こはく)の道」として知られ、ローマ時代にはすでに交通の要衝となり、北のマトライや南のビピテーノはローマ軍の宿駅であったし、中世には神聖ローマ帝国の南北を結ぶ掛け橋であった。1867年ブレンナー鉄道が峠を越えて通じ、貨客輸送量が増大したが、さらに1973年インスブルックとボルツァーノを結ぶ有料アウトバーンが開通し、南北交通はいっそう活発となった。1934年ナチスによるオーストリア首相ドルフースの暗殺に対しイタリアのムッソリーニは峠に軍隊を派遣してドイツ・オーストリア合邦を牽制(けんせい)した。ドイツのポーランド進攻後の40年3月、ここでムッソリーニとヒトラーとの間に日独伊三国同盟の結成が話し合われ、6月のイタリア参戦を促し、10月にも再度会談がもたれ、第二次世界大戦の拡大を決定的にした。[前島郁雄・進藤牧郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブレンナー峠の関連キーワード増田ゆきしずかったー落合順優恵有規衣大原崇ドーキンズ英里奈高瀬あゆみ堂珍敦子富岡佳子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレンナー峠の関連情報