コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーマーハーフェン ブレーマーハーフェンBremerhaven

3件 の用語解説(ブレーマーハーフェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレーマーハーフェン
ブレーマーハーフェン
Bremerhaven

ドイツ北西部,ウェーザー川河口東岸にある港湾都市。 1947年以降ブレーメン市とともにブレーメン州を構成する。ブレーメンの北約 65kmにあり,1827年ブレーメン市長シュミットによって同市の外港として築造され,1947年周辺の2都市を吸収。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレーマーハーフェン

ドイツ北部,ブレーメンの北約50km,ウェーザー川河口の港湾都市。漁業の中心地で,造船,漁具製造,水産加工などが行われる商船学校,海洋研究所がある。11万3000人(2011)。
→関連項目ウェーザー[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブレーマーハーフェン【Bremerhaven】

ドイツ北西部,ブレーメン州の海港都市。ウェーザー川の河口右岸に位置。人口13万1000(1995)。1827年にブレーメンの外港として築港。47年アメリカと結ぶ最初の定期航路開設,多数の海外移民を送りだす。また有数の漁港として知られた。第2次大戦で市街の約50%が破壊されたが復興。300mのコロンブス埠頭のほか,1964年に近代的な鉱石専用埠頭を備え,造船業,水産加工業も盛ん。【山本 秀行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブレーマーハーフェンの言及

【ウェーザー[川]】より

…ウェーザー川はその合流点から曲流しながらウェーザー山地の低い丘陵地を北および北西へ向かって流れ,ポルタ・ウェストファリカ(ウェストファーレンの門)でウィーエン山地を横切って,北ドイツ平野に出る。ここからは旧期氷堆石地域のゲーストと呼ばれるやせ地を北流あるいは北西流し,ブレーマーハーフェンで北海に注ぐ。ハノーファーシュ・ミュンデンまでの全域にわたって航行可能。…

【ブレーメン】より

…ドイツ北西部の都市。約65km下流の外港ブレーマーハーフェンとともにブレーメン州をなす。人口54万9000(1995)。…

※「ブレーマーハーフェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレーマーハーフェンの関連情報