コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロムフィールド ブロムフィールドBromfield, Louis

4件 の用語解説(ブロムフィールドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロムフィールド
ブロムフィールド
Bromfield, Louis

[生]1896.12.27. オハイオマンスフィールド
[没]1956.3.18. オハイオ,ルーカス
アメリカの小説家。コーネル大学在学中に第1次世界大戦に参加。除隊後,同大学から名誉学士号を受けたが,学業には戻らず,ジャーナリズムに入って音楽・演劇批評を行い,第2次大戦直前までフランスにとどまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブロムフィールド

米国の作家。《初秋》(1926年)等の4部作,インドを舞台とする《雨季きたる》,農場経営の経験に基づく《楽しい谷》(1945年)等の作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブロムフィールド【Louis Bromfield】

1896‐1956
アメリカの小説家,エッセイスト。第1次大戦に参加後,長くフランスの農村にとどまり,ピューリタニズムを中核とする伝統的価値観への反逆を主題にした長編四部作(第3作《初秋》(1926)がピュリッツァー賞受賞)を発表,インドを舞台にした《雨季きたる》(1937)などで人気を博したが,1939年郷里オハイオに帰ってからは広大な農場の経営に専念,土地と農業に寄せる愛情にみちた数々のエッセーを発表した。【野崎 孝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロムフィールド
ぶろむふぃーるど
Louis Bromfield
(1896―1956)

アメリカの小説家。オハイオ州に生まれ、第一次世界大戦に従軍後、新聞記者としてフランスに長く滞在した。処女作『緑の月桂樹(げっけいじゅ)』(1924)に始まる四部作『脱出』はアメリカ中西部の家庭生活を描き、そのうちの『初秋』(1926)でピュリッツァー賞を受けた。作品は多いが、異国情緒豊かな『雨季来る』(1937)、『ボンベイの夜』(1940)や、農場経営の記録『マラバー農場』(1948)などが知られている。[井上謙治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブロムフィールドの関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone