コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーバー Buber, Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーバー
Buber, Martin

[生]1878.2.8. ウィーン
[没]1965.6.13. エルサレム
オーストリア生れのユダヤ系宗教哲学者,社会学者。対話の哲学の代表者。ウィーン,ベルリンなどの大学で哲学,美術史を学んだのち,ユダヤ教関係の雑誌の編集,翻訳の仕事にたずさわった。 1923年フランクフルト大学教授,33年ナチスにより退職させられ,38年エルサレムのヘブライ大学教授。彼の対話の哲学は,我と汝の関係を基本とし,神は永遠の汝であるとされた。社会学的には,空想的社会主義の立場に立つ。またハシディズムの紹介,翻訳に多大の貢献をした。主著『我と汝』 Ich und Du (1922) ,『人間という問題』 Das Problem des Menschen (43) ,『ユートピアの道』 Pfade in Utopia (47) ,『対話的原理論文集』 Die Schriften über das dialogische Prinzip (54) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブーバー(Martin Buber)

[1878~1965]オーストリア生まれのユダヤ人哲学者。ハシディズムの復興に尽くし、ユダヤ・アラブ両民族の共存に努めた。著「我と汝」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブーバー

ユダヤ人哲学者。ウィーンに生まれ,ウィーン,チューリヒベルリンなどの大学に学び,シオニズム運動への参加,カバラへの傾倒を経て,1923年フランクフルト・アム・マイン大学教授。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーバー【Martin Buber】

1878‐1965
ユダヤ人哲学者。〈預言者〉〈ハシディズムの使徒〉とも呼ばれる。彼の思想の中核をなす〈対話〉の概念は,デカルトに始まる近世的自我哲学を超克する新たな方向を示すものとして,その影響は人種や宗教を超えて今日の哲学,宗教,社会思想,教育,または精神療法など多方面の領域に及んでいる。ウィーンで生まれ,レンベルク(現,ウクライナリボフ)の祖父S.ブーバー(裕福な実業家,またラビ文学の研究者)のもとで養育される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブーバー【Martin Buber】

1878~1965) オーストリア生まれのユダヤ人哲学者。人間存在を我と汝の対話的関係と捉える。ユダヤ教のハシディズムの復興に尽くし、パレスチナにおけるアラブ人とユダヤ人の共存を提唱。著「我と汝」「ハシディズムへの道」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーバー
ぶーばー
Martin Buber
(1878―1965)

ウィーン生まれのユダヤ人思想家。フランクフルト大学名誉教授を経て、1938年以後エルサレム大学教授。中世ドイツ神秘主義思想の影響を受けるとともに、18、19世紀に東ヨーロッパのユダヤ人に広まったハシディズムの神秘思想の復興に尽くし、またヘブライ語聖書のドイツ語訳を行った。宗教的、文化的シオニストととして、ユダヤ・アラブ両民族の共存に努めた。彼の思想の根本は対話の思想にある。彼によると、人間がとりうる態度ないし関係には、我=汝(なんじ)の関係と我=それの関係があり、後者は人間と物、主体と客体のような対象化と利用の関係であるが、前者は人格と人格、主体と主体の相互的関係であり、この出会いないし対話において人間は真の人格として現れる。さらにこの対話的関係は人間と永遠の汝としての神との間にみいだされ、こうして完全な我=汝の関係は直接に神と結び付くことによって実現されるとした。著書『我と汝』(1923)など。[千田義光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブーバーの言及

【カバラ】より

…17世紀にはサバタイ・ツビが現れて〈救世主〉を名のり,カバラ運動は最高潮に達した。さらに18世紀以降,東欧でハシディズムがカバラを日常の信仰生活と密接に結びつけ,その思想的影響は現代のM.ブーバーや,G.ショーレムにも及んでいる。15世紀以降,カバラはキリスト教世界にも大きな影響を与えた。…

【宗教哲学】より

…宗教哲学Religionsphilosophieなる用語を近代で最初に用いたのはカントであるが,フォイエルバハ,マルクス,コントらによる宗教批判は,宗教の根底がどこにあるかをより深く究める刺激になり,20世紀,哲学におけるハイデッガーの実存哲学と実存主義の隆盛とともに,宗教哲学が再び勢いを得てくる。M.ブーバーは〈我と汝〉の実存的関係の上に宗教体験を根拠づけ,独自の宗教哲学を展開した。アメリカでは,宗教社会学的傾向が強く,宗教哲学は社会学的要素とのかかわりが深い(例えば,R.N.ベラー)。…

【ハシディズム】より

…その創始者は〈よき名の主Baal Shem Tov〉と呼ばれるイスラエル・ベン・エリエゼルIsrael ben Eliezer(1698‐1760)である。この運動は正統派からは異端視され,また知識階級からは迷信的なものとして軽視されてきたが,ブーバーによって再びその深い宗教的意味が見いだされ再評価されている(もっとも彼のハシディズム理解はあまりにも主観的にすぎるとして批判される面もある)。とくに注目すべきことはハシディズムと禅との間に共通の類似点のあることであるが,本質的にはまったく異なるものとみるべきであろう。…

【フォイエルバハ】より

…また,同時代の別の流派には,フォイエルバハの愛の思想にもとづいて博愛主義的な社会主義の立場をとる者(T.H.グリーン)があり,マルクス,エンゲルスとの間に論争が生じた。フォイエルバハの思想はしかし,時代を超えてブーバーの《我と汝》に影響を与えて,そこから近代的自我概念を超えて人間を本来的に対話的存在とみなす,ハーバーマス,トイニッセン等の〈対話主義〉の立場を生み出している。ブーバーがユダヤ教の宗教性を背景としていたのに対して,現代の対話主義は,自然的人間学というフォイエルバハの立場を復権させる。…

【ユダヤ哲学】より

…たとえば,フォルムシュテヘルSolomon Formstecher(1808‐89)はシェリングに,ラザルスMoritz Lazarus(1824‐1903)やH.コーエンはカントに,また,ガイガーAbraham Geiger(1810‐74),ヒルシュSamuel Hirsch(1815‐89)などはヘーゲルに近い立場をとっている。近代ではユダヤ精神そのものに帰って固有の哲学の展開を試みたローゼンツワイクFranz Rosenzweig(1886‐1929),ブーバーなどの名をあげることができる。そのほか,ユダヤ教の枠外に立つ著名な一般哲学者としてベルグソン,フッサール,またS.フロイトなどの存在も無視できないであろう。…

※「ブーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブーバーの関連キーワードサルマン ショッケンヴェルナー クラフトビンスワンガーシオニズム運動フローベールショーレムブーヴァーユダヤ哲学ショッケン宗教哲学2月8日人間学詩篇他我

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーバーの関連情報