コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プウォツク プウォツク Płock

3件 の用語解説(プウォツクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プウォツク
プウォツク
Płock

ポーランド中部,マゾウィエツキェ県の都市。ワルシャワ西北西約 90km,ウィスワ川沿いに位置する。 10世紀以来の町で,11世紀からマゾフシェ地方の中心都市となり,12世紀にはポーランドで最も重要な政治,文化,商業の中心地の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プウォツク【Płock】

ポーランド中央部,同名県の県都。人口12万6500(1995)。ワルシャワの西北西90kmにあり,ビスワ川右岸の段丘上に発達する。10世紀には集落が形成され,1237年には都市になった古い市場町である。12~14世紀には有数の金細工や指物の工業町に発達し,往時の繁栄を示す大聖堂や多くの歴史的建造物が残る。旧ソ連から東欧に引かれた石油パイプラインドルージバ(友好)〉の経由地であったため,1962年に石油精製化学コンビナートが建設され,新しい工業都市として急速に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プウォツク
ぷうぉつく
Pock

ポーランド中央部、マゾフシェ県の都市。ワルシャワの西北西約90キロメートルに位置し、ビスワ川右岸の段丘上に発達する。人口13万0830(2000)。ビエルコポルスカ地方の一角、クヤビ平野のなかで比較的早くから開けた市場町で、10世紀にはその存在が知られ、1237年には都市へと発展した。12~14世紀には金細工、指物などで知られる有数の工業都市になり、往時の繁栄を示す大聖堂や多くの歴史的建造物が残る。第二次世界大戦後に石油精製・石油化学コンビナートの立地(1962)によって、急速に石油工業都市へ成長した。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プウォツクの関連キーワードウッジウッチエルブロンクビドゴシュチポズナンラドムカトビツェキエルツェジェローナ・グーラブウォツワベク

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone