コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラアパイマニー Phra Aphaimani

世界大百科事典 第2版の解説

プラアパイマニー【Phra Aphaimani】

タイ最高の詩人スントーンプー(1785‐1855)の大長編ロマン。絢爛華麗な独特の押韻法をもつ八言クローン形式で,古典史上,個人作品では最大の64章からなる。完成年は不明。平易な市井語彙を駆使して文学を大衆化した功績はきわめて大きい。弟とともに修業の旅に出たプラアパイマニー王子が魔笛の術を学び,諸国を遍歴して奇想天外な経験が展開される。ヨーロッパ勢力東漸の時代にあって,著者は外国の知識を耳学問で広く吸収し,空想を東南アジアからインド,ヨーロッパにはせ,巨大なスケールで物語を発展させ,戦争,恋愛,教訓,人情の機微を流麗な筆致で描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプラアパイマニーの言及

【スントーンプー】より

…本名プー。《クンチャーン・クンペーン》の一部,大作《プラアパイマニー》をはじめ多くの旅行詩などがある。ラーマ2世の時クン・スントーンウォーハーンの位をおくられ,ラーマ4世の時66歳で再び召されてプラ・スントーンウォーハーンに叙せられ王の右筆となる。…

※「プラアパイマニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラアパイマニーの関連キーワードスントーン・プー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android