コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プライムレート プライムレート prime rate

翻訳|prime rate

4件 の用語解説(プライムレートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プライム‐レート(prime rate)

銀行が信用度の高い一流企業に対して適用する最優遇貸出金利。→短期プライムレート長期プライムレート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典の解説

プライムレート

 プライムレートとは、銀行が企業に対して融資する際に、一番優遇された金利(最優遇金利と呼びます)のことをいい、最も信用度の高い一流企業に対する最優遇貸出金利を指す。貸出期間が1年未満のものを短期プライムレート短プラ)、1年以上のものを長期プライムレート長プラ)と呼び、このプライムレートは各銀行が個別に定めている。短期プライムレートは公定歩合短期金融市場の影響を受ける。短期金融市場とはコールやCD(譲渡性預金)などの取引を指し、これらの取引が短期プライムレートを左右することになる。長期プライムレートは、長期信用銀行などが発行する5年もの、10年ものの金融債に影響を受ける。金融債は市場で自由に売買が行われている。その時の利回りが長期プライムレートの変動要因になる。つまり、プライムレートの推移は日本経済を映し出す鏡ともいえる。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プライムレート【prime rate】

優良企業に適用される最優遇貸出金利。アメリカの制度だが、日本でも、市中銀行が優良企業に対して貸し出すときの最優遇金利である標準金利の通称とされる。 → 標準金利

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プライムレート
ぷらいむれーと
prime rate

銀行が企業に対して融資する際に、もっとも優遇する金利(最優遇金利)で、もっとも信用度の高い一流企業に対する最優遇貸出金利のこと。貸出期間が1年未満のものを短期プライムレート(短プラ)、1年以上のものを長期プライムレート(長プラ)とよび、このプライムレートは各銀行が個別に決める。短期プライムレートは短期金融市場の動向によって決定され、無担保コールレート(オーバーナイト物)という政策金利に準じている。長期プライムレートは、金利自由化以前に、住宅ローン金利の目安で旧長期信用銀行などの金融債の金利によって決定されたが、自由化の進展で現在は短プラに一定利率を上乗せする新長プラになり、住宅ローン金利などに用いられる。プライムレートはそもそもアメリカ市中銀行が一流企業に供与する短期の最優遇貸出金利で、1959年(昭和34)にこれに倣い日本の標準金利が導入された。現在では標準金利をプライムレートとよぶ。[村本 孜]
『日本銀行金融研究所編『新版 わが国の金融制度』(1995・日本信用調査) ▽鹿野嘉昭著『日本の金融制度』(2001・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プライムレートの関連キーワード標準金利短期金利長期金利長期プライムレートサブプライムタイムレース短期プライムレート短プラ長プラデュアルタイムレース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プライムレートの関連情報