コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリゴジン(英語表記)Prigogine, Ilya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリゴジン
Prigogine, Ilya

[生]1917.1.25. モスクワ
[没]2003.5.28. ブリュッセル
ベルギーの化学者。子供の頃,家族に従って西ヨーロッパに移住,ベルギーに落ち着いた (1929) 。ブリュッセル自由大学卒業。同大学物理化学・理論物理学教授 (1947) 。従来,平衡状態だけを扱っていた熱力学を非平衡状態まで扱えるように拡張した。すなわち周囲の環境と共存した状態で存在しうる散逸系に関するいくつかの数学的モデルを提案し,物質とエネルギーが相互に作用し合って,より秩序性の高い状態に移行する現象を数量的に扱う「散逸関数」の概念をはっきりさせ,熱力学の諸原理を,社会学や生態学などに適用しうる道 (いわゆる「散逸構造」論) を開いた。熱力学の視野を広げた業績に対し,1977年ノーベル化学賞が授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

プリゴジン【Ilya Prigogine】

1917~2003) ロシア生まれのベルギーの化学者・物理学者。非平衡系の熱力学の研究で知られ、ゆらぎによる秩序形成の仕組を解明する「散逸構造論」を創始した。著「散逸構造」「存在から発展へ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プリゴジンの関連情報