プリンス・オブ・ウェールズ(英語表記)Prince of Wales

翻訳|Prince of Wales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリンス・オブ・ウェールズ
Prince of Wales

イギリス皇太子の称号ウェールズ大公と訳される。イングランド王エドワード1世がウェールズ征服後,その地を国王直轄地とし,1301年ウェールズで生れた王子 (のちのエドワード2世) をプリンス・オブ・ウェールズに叙したことに端を発する。次の国王エドワード3世も長男エドワード (黒太子) およびその子リチャード (のちのリチャード2世) にこの称を与え,15世紀以降国王の長男で第1位王位継承権者 (皇太子) がこの称を受ける慣習が成立した。

プリンス・オブ・ウェールズ
Prince of Wales

イギリス海軍のキング・ジョージ5世級戦艦の2番艦。 1941年3月キャメル・レアード社で竣工。完成直後,北海でドイツ戦艦『ビスマルク』と交戦し被弾。修理を終え同年 11月,巡洋戦艦『レパルス』とともにイギリス東洋艦隊に編入。まもなく日本艦隊を追ってシンガポールを出港し,12月 10日,日本海軍機の攻撃を受けてマレー半島クアンタン沖で『レパルス』とともに沈没した。知らせを受けたイギリス首相チャーチルは,ショックのあまり自室に引きこもったという。主要目は,基準排水量3万 6727t,全長 227.1m,最大速力 28kn,主砲 35.6cm4連装砲2,35.6cm連装砲1,13.3cm連装両用砲8,40mm8連装ポンポン砲4,水上偵察機2。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プリンス・オブ・ウェールズ

英国皇太子の称号。英国王エドワード1世がウェールズを征服した後,1301年その地で生まれた長子(後のエドワード2世)にこの称号を与えたのに始まる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

プリンス・オブ・ウェールズ

Prince of Wales》イギリス海軍の戦艦。クイーン級(フォーミダブル級の改良型)。名称はのちの英国王、ジョージ5世の称号から。1902年進水、1904年就役の前弩級戦艦。地中海艦隊、大西洋艦隊、本国艦隊などに配備。1919年退役。

プリンス・オブ・ウェールズ

《Prince of Wales》イギリス海軍の戦艦。キング・ジョージ5世級(2代目)。1939年進水、1941年就役の超弩級戦艦。1941年8月、イギリス首相チャーチルとアメリカ大統領ルーズベルトによる大西洋憲章の調印の場となる。その後東洋艦隊に派遣。12月のマレー沖海戦において、日本海軍戦闘機の攻撃により沈没。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android