コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロカイン procaine

翻訳|procaine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロカイン
procaine

ノボカインともいう。塩酸塩の形で局所麻酔薬として用いられる。天然の局所麻酔薬のコカインの副作用を除くためにそれに代わるものとして,1905年に開発・合成された。白色の結晶で水に易溶。コカインより麻酔作用は弱い。大量を吸収すれば全身麻痺に陥り,けいれんをきたすこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プロカイン

局所麻酔剤。塩酸プロカインノボカインは商品名)として用いる。
→関連項目麻酔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロカイン【procaine】

合成局所麻酔薬の一つ。天然の局所麻酔薬コカインは毒性が強く,薬物依存も生ずるため,それに代わるものとして多くの合成局所麻酔薬がつくられたが,そのうちの代表的なもので,1905年に開発,合成された。白色の結晶で水によく溶ける。化学的に安定で,煮沸しても分解しない。局所麻酔作用はコカインより弱い。コカインと異なり,鼻粘膜や眼などの表面麻酔には適さず,腰椎麻酔,硬膜外麻酔,伝達麻酔,浸潤麻酔に用いる。コカインには血管収縮作用があり,投与したコカインは局所にとどまって作用を表すが,プロカインなどの合成局所麻酔薬は血管収縮作用を欠くため,局所にとどめる目的で血管収縮薬のエピネフリンを併用することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロカイン【procaine】

局所麻酔薬。塩酸プロカイン注射剤として使用。コカインに比べて中枢作用・毒性とも弱く、習慣性がない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロカイン
ぷろかいん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプロカインの言及

【局所麻酔】より

…局所麻酔の作用は可逆性であり,毒性が低く,全身性にも副作用がないことが条件である。現在用いられている局所麻酔薬はエステル型(プロカイン),アミド型(リドカイン)がある。局所麻酔薬が麻酔作用を起こす本態については諸説があるが,神経細胞の物理化学的変化によるといわれている。…

【局所麻酔薬】より

…コカインは天然由来のすぐれた局所麻酔薬であるが毒性も強いので,数多くの合成局所麻酔薬(コカイン代用薬ともいう)が作られている。プロカイン,テトラカイン,リドカイン,ジブカイン,アミノ安息香酸エチルなどである。これらの効力や毒性はそれぞれ異なるが,いずれも完全なものとはいいがたい。…

※「プロカイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロカインの関連キーワード筋緊張性(強直性)ジストロフィー筋緊張症(ミオトニー症候群)ミオパチーを誘発する薬剤全身性エリテマトーデスバンサン氏アンギーナパラアミノ安息香酸プロカインアミドホモスルファミン薬物の相互作用心房細動・粗動WPW症候群不整脈治療剤神経ブロックアインホルンペニシリンジブカインリドカイン点眼麻酔期外収縮習慣性

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android