コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロスタグランジン プロスタグランジン prostaglandin

翻訳|prostaglandin

7件 の用語解説(プロスタグランジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロスタグランジン
プロスタグランジン
prostaglandin

動物組織中の生理活性物質で,最初に人間の前立腺 (プロスタータ) が分泌部位として注目されたので,このように命名された。微量 (組織 1gあたり1/1000~1/100万 mg) であるが,分布は広く,また十数種の異なる類似物質が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロスタグランジン(prostaglandin)

動物の臓器や組織に微量存在する一群の生理活性物質。アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から生合成され、化学構造上の五員環の部分によって十数種に分類される。血管拡張血圧上昇あるいは降下、子宮や気管支の筋収縮、血小板凝集あるいはその抑制などの作用を示す。PG。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロスタグランジン

アラキドン酸,エイコサトリエン酸エイコサペンタエン酸など,炭素数20の多価不飽和脂肪酸から生合成される一群の生理活性物質の総称。PGと略記。五員環部分に二つの側鎖がついた共通の基本骨格をもち,五員環部分の構造(二重結合と酸素原子の結合の仕方)の違いによりA〜Jの各群に区分され,側鎖の二重結合の数(もとの不飽和脂肪酸に由来)により1〜3のタイプがある。
→関連項目アラキドン酸ロイコトリエン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

プロスタグランジン

 C20H34O5(mw354.49).

 細胞膜にリン脂質の形で存在するアラキドン酸などが原料となって生合成される生理活性物質で,不安定で生体内での寿命が短い.心悸亢進,血管拡張,血圧低下,平滑筋の収縮など種々の活性を示す.多くの化合物がある

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プロスタグランジン【prostaglandin】

PGと略記。生体内のあらゆる組織において細胞レベルで産生され,組織1g中に10-9gしかなくても各種の生物活性を現す強力な情報伝達物質。局所ホルモンオータコイド様のものと考えられる。1930年に精液中の子宮収縮物質として発見され,35年に前立腺prostate由来と考えられてprostaglandinと命名された。食事で摂取されリン脂質に蓄えられたアラキドン酸などが,刺激に応じてPG合成酵素により変化をうけ,5員環を頭に20個の炭素をもつプロスタン酸を基本構造とする長鎖水酸基脂肪酸になったもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロスタグランジン【prostaglandin】

人間の精液や羊の精囊せいのう腺などから得られる物質で、五員環を共通の基本構造に持つ一群の不飽和脂肪酸。血圧降下、血小板の凝縮阻害、平滑筋を収縮させる作用を有するもの、あるいはそれらの逆の作用を有するものなど、多彩な生理活性がある。 PG 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロスタグランジン
ぷろすたぐらんじん
prostaglandin

生体内で合成される生理活性物質で、炭素数20個の不飽和脂肪酸が骨組みとなっている。多くの種類があるが、組織中に存在し生理的に重要なものはプロスタグランジンE1、E2、F2α、I2、D2、H2、G2などであり、これらの誘導体で不安定ではあるが強力な生物活性をもつトロンボキサン、プロスタサイクリンなども含まれる。この物質の存在は、子宮収縮作用をもつことによって1930年ごろから注目され、1935年スウェーデンのフォン・オイラーによって、それまでに知られていない物質であることがわかり、精液に多いことから前立腺(せん)prostate glandにちなんで名づけられた。しかしその後、この物質は精嚢(せいのう)腺でつくられることがわかり、1950年代にスウェーデンのベルイストロームが単離、結晶化に成功し、化学構造を明らかにした。プロスタグランジンは多くの組織で微量ずつつくられるが、肺で破壊される。おもな作用は、子宮、血管、気管などの平滑筋に対するもの、血小板凝集の低下、胃酸分泌の低下などであるが、これらを利用して降圧剤、抗喘息(ぜんそく)剤、抗潰瘍(かいよう)剤、陣痛促進剤、血管系疾患に対する治療・予防薬に使用されている。[大岡 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプロスタグランジンの言及

【痛み】より

…炎症のときにみられる表面痛は,局所に産生されるブラジキニンbradykinin,セロトニンなどの発痛物質によるもので,これらの発痛物質による痛みに関与する末梢神経繊維は,ポリモダル侵害受容繊維とよばれるC繊維である。炎症があると,これらの発痛物質のほか,プロスタグランジンE2とプロスタグランジンI2も局所に産生される。これらの物質は,直接的な発痛作用をもたないが,ブラジキニンによる痛みを強める働きがある。…

【解熱鎮痛薬】より


[アスピリン様薬物]
 1981年度のノーベル生理・医学賞を受けたイギリスの薬理学者ベインJohn R.Vaneの提唱(1971)に従って,アスピリンおよびアスピリンと同じようなメカニズムにより解熱・鎮痛・抗炎症作用を発揮するとみなされる薬物群をアスピリン様薬物という総称で呼ぶようになってきた。この部類に属する薬物を化学構造からみると実に多彩であるが,これらはすべてシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し,プロスタグランジン・トロンボキサン類の生合成を抑制することにより,本質的に共通の薬理作用を発現するという考えが支配的となっている。解熱作用に関していえば,それは中枢神経系の体温調節中枢に作用するプロスタグランジンの生合成を抑えるためである。…

【子宮収縮薬】より

…分娩の誘発または産後の子宮収縮・止血のために,子宮筋を収縮させる目的で用いられる薬物。脳下垂体後葉ホルモンと麦角アルカロイド製剤が用いられるが,最近になってプロスタグランジンも用いられるようになった。脳下垂体後葉ホルモンのうちオキシトシンは,9個のアミノ酸からなるペプチドで,子宮収縮作用が強く(似た構造をもつバソプレシンは血圧上昇作用および抗利尿作用が強い),陣痛の弱いときに分娩促進薬として繁用される。…

【堕胎薬】より

…日本ではホオズキの根が用いられたが,薬効成分は未詳である。今日では,子宮収縮作用をもったプロスタグランジンFが座薬として用いられる。【高柳 一成】。…

【分娩誘発法】より

… 陣痛を起こす方法には薬物を与える方法と理学的方法とがある。薬物とは子宮収縮を起こす陣痛促進剤で,通常オキシトシン(脳下垂体後葉製剤)かプロスタグランジンF,E2などが使用される。また理学的分娩誘発法としては,ブジーを用いる方法,ラミナリアによる方法,メトロイリーゼ,コルポイリーゼによる方法などがある。…

※「プロスタグランジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロスタグランジンの関連キーワードあらゆる有りと有らゆる機械組織侵襲フロント組織メタボローム分化全能性分化多能性脂質代謝ハロッズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロスタグランジンの関連情報