コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロティノス プロティノス Plōtinos

5件 の用語解説(プロティノスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プロティノス(Plōtinos)

[205ころ~270ころ]ギリシャの哲学者。新プラトン学派の創始者。世界は完全なる神の発現・流出であり、それがイデア界・感覚界へと下って事物を生み出すと主張し、中世スコラ学に深い影響を与えた。主著「エンネアデス」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロティノス

ローマ時代のギリシア哲学者。新プラトン主義の実質的開祖。師はアンモニオス・サッカス,高弟にポルフュリオスがいる。ギリシア哲学と,おそらく師からもたらされた東方密儀思想との総合の上に,〈一者(ト・ヘン)〉からの万物の流出と,一者への還帰を説く,壮大な形而上学を構築。
→関連項目アウグスティヌスイアンブリコス一元論フィチーノ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロティノス【Plōtinos】

205ころ‐270
新プラトン主義を代表する哲学者。プラトンを模範として独自の哲学体系を築き,古代ギリシア哲学の末期を飾った。またその思想は,アウグスティヌスらを通じてキリスト教神学と結びつき,ヨーロッパ精神史のなかに多大の影響をのこしている。プロティノスの生涯については不明な点が多い。しかしポルフュリオス著《プロティノス伝》および他の断片的資料にもとづいて,一応の記述をすると次のようになる。彼はエジプトの,ヘレニズム色の強い(おそらくローマ上流社会とも縁故のある)家族から出ており,28歳を過ぎてから11年間,アレクサンドリアアンモニオス・サッカスのもとで哲学を学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロティノス【Plōtinos】

205頃~270頃) エジプト生まれの哲学者。アレクサンドリアおよびローマで活動。新プラトン学派の祖。世界は一切を超越し把握も思惟もされない神的一者から流出するものであり、人間はこの流出を逆にたどって自らの根源に帰りゆくことで神と一体になることができると考えた。著「エンネアデス」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロティノス
ぷろてぃのす
Plotinos
(205―269/270)

ヨーロッパ古代末期を代表するギリシアの哲学者、神秘思想家。アレクサンドリアの近くに生まれ、アンモニオス・サッカスに学び、東方の知恵を求めて、39歳のときゴルディアヌス帝Gordianus (在位238~241)の東方遠征に加わるが、遠征の挫折(ざせつ)により果たさず、40歳でローマに上り、学校を開き、多くの友人、門弟を集め、尊崇を受けた。プラトンに傾倒し、自分の哲学をプラトン哲学の祖述とみなした。そこで、彼とその弟子たちは、当時の人からはプラトン主義者、後世の人からは新プラトン主義者とよばれる。しかし、そこにはアリストテレス、ストア派などの影響も大きく、古代ギリシア哲学の一大総合体系となっている。また、時代の一元論的、宗教的な傾向に応じ、魂の解脱を目ざす救済の哲学でもある。著作は、9篇(へん)ずつに分けられた6巻の論稿からなるところから『エンネアデス』(「九篇集」の意味)とよばれる。
 彼によれば、「一者」(ト・ヘン)がいっさいの存在事物の源泉である。一者はその存在の充溢(じゅういつ)により、それが存在することによって、そのもの以外の存在事物をそのものの外に生み出す。これが「溢出または流出aporrho, emanatio」とよばれる(流出説)。この際、一者そのものはなんら損なわれることはない。存在の働きを自己以外のものを生み出す創造の働きとして把握するこの直観は、ギリシア哲学の達したもっとも美しい直観の一つである。「汎神論(はんしんろん)」といわれる通俗の理解はけっしてその正鵠(せいこく)を射るものではない。一者から生み出された下位の存在事物は、同じ存在の働きにより、その下に他の存在事物を生む。こうして、世界は、光がその源から発してしだいに光度を弱め、ついに闇(やみ)のうちに消え入るように、一者の光輝として存在し、しだいに存在の度を低めてついに無(非存在、質料)に至る多様な存在者の位階秩序として把握された。それは、一者がその同一性そのものによって生み出す他と多の世界である。理性、魂、生物はそのおもな段階である。
 哲学(愛知)とは、魂をもつ存在事物である人間が、源泉である一者へと、他と多の世界から離れて還(かえ)る過程である。一者とは、存在事物が存在する限りでもつ統一性の根拠であるが、一者そのものはいかなる多をも含まず、したがって、分別の原理であることばや理性によっては把握されず、ことばによる分別を超え、「脱我ekstasis」として「融一henosis」されるとした。中世の神秘思想と体系神学への影響が大きい。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプロティノスの言及

【一元論】より

…すなわち,いっさいを精神に還元する唯心論,物質に還元する唯物論,精神と物質とをともにその現象形態とする第三者に還元する広義の同一哲学などは,すべて一元論に属する。西洋での代表者は一者(ト・ヘンto hen)からの多様な現象の流出を説くプロティノス,〈産む自然〉としての一なる神を実体,多様な〈産まれた自然〉をその様態と説くスピノザなどである。西田幾多郎の《善の研究》(1911)は,純粋経験の程度・量的差異による世界と人生の一元論的説明の試みと言いうる。…

【エクスタシー】より

… エクスタシーの語源はギリシア語のek,exō(~の外へ)とhistanai(置く,立つ)の複合語のエクスタシスekstasisであって,〈外に立つ〉という意味であり,もともと古代ギリシアでは,魂が肉体を離れて宙をさまよう状態を意味していた。それが古代末期になって,瞑想などによる神秘的体験と宗教的恍惚感も意味するようになったもので,新プラトン主義の創始者であるプロティノスは,聖なるものに至る霊魂の上昇段階を〈浄化(カタルシス)〉〈観想(テオリア)〉〈忘我(エクスタシス)〉の3段階に分けて考えた。イスラムの神秘主義スーフィズムでも,忘我を最高の神秘体験としている。…

【エンネアデス】より

…新プラトン主義の代表的哲学者プロティノスの論文集に付された題名。編纂は弟子ポルフュリオスの手になり,主題ごとに9論文(エンネアス)で1巻とし,全体を6巻にまとめて計54論文をおさめている。…

【神秘主義】より

…またそのプロローグの〈ロゴス〉はキリスト教神秘思想の根本概念となった。 やがてキリスト教神秘主義はその思弁において,プロティノスを祖とする新プラトン学派の決定的な影響をうける。プロティノスは感覚的世界と超感覚的世界のもう一つうえに絶対的一者をおき,人間の魂は脱自によって一者と合一するとした。…

【新プラトン主義】より

…後3世紀にプロティノスによって実質的に創始され,6世紀まで存続した哲学思潮。その後のヨーロッパ哲学史上にプラトン主義の伝統を定着させる働きをした。…

【美学】より

…だが諸文化のなかで美についての学問的探究をいちはやく展開したのは古代ギリシアであり,以来美学的思想の主潮はやはり西欧に流れてきたとみなければならない。 美のイデアを説いて美の哲学の基を築いたプラトン,悲劇を論じた《詩学》によって芸術学の始祖となったアリストテレス,はじめて独立の美論をまとめたプロティノス,ローマにおいては修辞学上の著作をもつキケロおよびクインティリアヌス,古代末期から中世に移れば神学的美論を説くアウグスティヌスやトマス・アクイナス,ルネサンスでは各種の美術論や詩学を述べる美術家や文人たち,これらはいずれも深く沈潜して傾聴すべき人々である。近世に入るや感性に対する新たな照明と相まって17世紀から18世紀前半にわたり美学成立の機運が生じた。…

【光の形而上学】より

…感覚世界を照らす太陽との類比を通して,イデア界を照らす〈善のイデア〉を述べたのはプラトンであった。認識論的および存在論的にも内容が深められ,光の形而上学がその姿を現すのは,新プラトン主義者プロティノスにおいてである。彼は〈一者〉から発出する非物質的光は徐々に滅してゆき,ついには闇としての物質に至り,その過程で〈ヌース〉〈世界霊魂〉〈人間霊魂〉が発生してくると説く。…

【流出説】より

…ヘレニズム期のグノーシス派(とくにエジプトのグノーシス派)は,神と世界の無限の隔りにもかかわらず神認識が成立するのはいかにしてかと問い,神の顕現は水源または光源たる神からの流出(ギリシア語アポロイアaporrhoia,ラテン語エマナティオemanatio)ないし放射(ギリシア語プロボレprobolē)であると考えた。新プラトン派のプロティノスもこの比喩を用いて一者と世界との関係を説明したが,グノーシス派と違って,流出は〈一者〉の実体の減少を意味しないことを強調した。したがって,〈一者〉からの流出は必要に迫られてのものでなく,むしろ自由な働きによること,完全者は完全であればこそ自己を溢出させることを説いた。…

※「プロティノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロティノスの関連キーワード新プラトン主義プラトン主義プロクロスピコデラミランドラプラトニック新プラトン学派ファーラビーバラトンフレドイアンブリコスエンネアデス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロティノスの関連情報