コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロレタリア音楽 プロレタリアおんがく

世界大百科事典 第2版の解説

プロレタリアおんがく【プロレタリア音楽】

プロレタリアートの階級的自覚と労働者階級の利益に奉仕するための音楽活動。ソビエト・ロシアでまず政権樹立直後の1918年,第1回大会を開いたプロレタリア文化団体〈プロレトクリト〉の運動の一環として発展し,革命的歌曲の創造や労働者の合唱運動などの啓蒙活動を繰り広げた。これは世界各地に波及し,ドイツの労働者,歌手同盟とそれに参加した作曲家アイスラー,ティーセンHeinz Tiessen(1887‐1971)らの行動も,その一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロレタリア音楽の関連キーワードプロレタリアート吉田 隆子守田 正義関 鑑子吉田隆子わらび座関鑑子原太郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android