コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロングホーン プロングホーンAntilocapra americana; pronghorn; American antelope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロングホーン
Antilocapra americana; pronghorn; American antelope

偶蹄目プロングホーン科。エダツノレイヨウともいう。1科1属。体長1~1.5m。背が赤褐色で,額帯,喉,眼下,腰に白色斑がある。雌雄とも約 25cmの角をもつ。夏は単独または小群で,冬は数百頭の群れをなして生活する。晩夏になると雄は 15頭前後のハレムを形成する。北アメリカ西部の広い草原や半砂漠地に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プロングホーン(pronghorn)

偶蹄(ぐうてい)目プロングホーン科の哺乳類。レイヨウ類に近いが、角は枝分かれし、表面の角質の部分が毎年生え換わるところはシカ類に近い。北アメリカの西・南部の草原に分布。えだづのれいよう。えだづのかもしか

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

プロングホーン【pronghorn】

レイヨウに似るためエダヅノレイヨウと呼ばれるが,第三紀中新世(約2000万年前)から北アメリカで独自の系統をたどって栄えた偶蹄目プロングホーン科の生残りの哺乳類(イラスト)。北アメリカの固有種で1属1種。体長100~150cm,尾長7.5~18cm,肩高81~104cm,体重36~70kg。走行に適した優美な体をもち,四肢が長く,第2指と第5指を欠く。角はふつう雌雄にあり,ウシと同様に骨芯の上に毛が角質化した角がかぶさるが,シカのように毎年角の角質の鞘が脱落する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロングホーン
ぷろんぐほーん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプロングホーンの言及

【しり(尻∥臀)】より

…シカ類にとくに目立ち,ニホンジカの白い臀斑は黒い側斑に囲まれて鮮やかである。プロングホーンは緊張すると臀斑が逆毛立ち,白い光のような信号を仲間に送る。アメリカ・インディアンはこれをまねて鏡による交信を考案したという。…

※「プロングホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロングホーンの関連キーワードピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域新北亜区反芻類偶蹄類新北区

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android