コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロンプター プロンプター prompter

翻訳|prompter

6件 の用語解説(プロンプターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロンプター
プロンプター
prompter

観客から見えないところにいて,舞台で俳優がせりふや動きを忘れたとき,せりふをつけたり,動きを指示したりする役。このため,舞台の中央前方にフードのついたプロンプト・ボックスのある劇場もあるが,普通は舞台のいずれかの袖のプロンプト・コーナーから行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プロンプター(prompter)

演劇で、舞台の陰にいて、俳優がせりふをまちがえたり、つかえたりしたときに小声で教える人。歌舞伎では狂言方が務める。
演説や放送などで使われる、原稿表示装置。電子的に原稿などを表示して、話者を補助する。商標名テレプロンプター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プロンプター

俳優の後見役の一つ。舞台前面中央のプロンプト・ボックスに入るか,装置の陰,舞台のそでなど観客に見えない場所で台本を見ながら,俳優のせりふのきっかけを与えたり,しぐさを助けたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロンプター【prompter】

舞台袖(そで)または装置の陰など,観衆から見えない場所にいて,俳優のせりふのきっかけのまちがいや言いちがい,またせりふがつかえたりしたとき,即座に正しいせりふを小声で教えられるように,絶えず上演台本をみながら俳優の演技に注目する役割。欧米近代の伝統的劇場には舞台前端中央にプロンプターのための場所があり,プロンプト・ボックスprompt‐boxという。日本では1924年創立の築地小劇場にボックスが設置されており,プロンプターという外来語が普及するのもそのころからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プロンプター【prompter】

演技中の俳優に台詞せりふを教える役目の人。
スピーチや放送などで、演者のために原稿を表示する装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロンプター
ぷろんぷたー
prompter

演劇用語。観客に見えない場所で、舞台上の俳優に台詞(せりふ)や動きのきっかけを教える係をいう。そのためには稽古(けいこ)から立ち会って、各演技者の癖などを覚えておくことが必要である。歌舞伎(かぶき)では黒衣(くろご)をつけた狂言方が装置の陰や舞台の袖(そで)に隠れてこの役を務める。外国では舞台前端の中央にプロンプター・ボックスという切り穴をつくって特別な場所を設けている劇場も多く、とくにオペラ劇場には常設されている。日本では築地小劇場と旧俳優座劇場にあったが、あまり利用されなかった。[大木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロンプターの関連キーワード音源雨宿り陰乍ら観衆撃針後景装置減速装置袖止端袖

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロンプターの関連情報