コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイロフスキー Heyrovský, Jaroslav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイロフスキー
Heyrovský, Jaroslav

[生]1890.12.20. プラハ
[没]1967.3.27. プラハ
チェコスロバキアの物理化学者。ロンドン大学の W.ラムゼー,プラハのカレル大学の F.G.ドナンのもとで研究。カレル大学教授,物理化学部部長 (1926~54) 。チェコスロバキア科学アカデミーのポーラログラフィー研究所所長 (50,52~63) 。 1924年に滴下水銀電極を使ったポーラログラフィーの原理を発見し,留学中の志方益三とともに,ポーラログラフ装置を完成させ,その後この装置の発展に努力した。この装置は低濃度の試料を分析するもので,他の方法では困難または不可能であった分析を可能にした。この業績により,59年ノーベル化学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘイロフスキー

チェコの物理化学者。プラハのカレル大学を出て,ロンドン大学に留学し,ラムゼーに学ぶ。プラハ大学教授。水銀滴下電極を発明し,1924年留学中の志方益三と協力して微量電解分析装置を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイロフスキー
へいろふすきー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘイロフスキーの関連キーワード12月24日志方 益三ドナン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android