コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイロフスキー ヘイロフスキーHeyrovský, Jaroslav

4件 の用語解説(ヘイロフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイロフスキー
ヘイロフスキー
Heyrovský, Jaroslav

[生]1890.12.20. プラハ
[没]1967.3.27. プラハ
チェコスロバキアの物理化学者。ロンドン大学の W.ラムゼー,プラハのカレル大学の F.G.ドナンのもとで研究。カレル大学教授,物理化学部部長 (1926~54) 。チェコスロバキア科学アカデミーポーラログラフィー研究所所長 (50,52~63) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘイロフスキー(Jaroslav Heyrovsky)

[1890~1967]チェコスロバキアの物理化学者。1924年、志方益三とともに電流電圧曲線の自記装置ポーラログラフを発明。その応用面の研究を続け、新分野を創始した。59年ノーベル化学賞受賞。ヘイロウスキー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘイロフスキー

チェコの物理化学者。プラハのカレル大学を出て,ロンドン大学に留学し,ラムゼーに学ぶ。プラハ大学教授。水銀滴下電極を発明し,1924年留学中の志方益三と協力して微量電解分析装置を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ヘイロフスキーの関連キーワードドイツ映画造船業エルトゥールル号の遭難事故カプリービ大不況長沢別天ラルヴィク岩ディトゥロ閃長岩ルジャヴル岩家資分散

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone