志方益三(読み)しかた ますぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志方益三 しかた-ますぞう

1895-1964 大正-昭和時代の化学者。
明治28年8月10日生まれ。理化学研究所にはいり,のちチェコスロバキアに留学。金属イオンの析出電位を研究し,ポーラログラフィーによる分析法を確立した。京都帝大教授,名大教授。昭和31年学士院恩賜賞。昭和39年5月8日死去。68歳。埼玉県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しかたますぞう【志方益三】

1895~1964) 化学者。東京生まれ。京大教授・名大教授。ヘイロウスキーとともにポーラログラフィーを創案、電気化学の研究に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志方益三
しかたますぞう
(1895―1964)

化学者。東京都出身。東京帝国大学農学部農芸化学科卒業(1920)。大学在学中より鈴木梅太郎に師事、卒業後も創立されたばかりの理化学研究所に入り鈴木梅太郎のもとで研究を行った。その後ヨーロッパに留学し、チェコスロバキアのカール大学でヘイロウスキーに出会い、滴下水銀電極の研究に興味をもった。1923年(大正12)ふたたび彼の研究室を訪れ、研究に参加、ニトロベンゼンの滴下水銀電極による酸化還元の研究を完成し、さらに加電圧電解電流曲線を自記化する装置の製作に取り組み、ヘイロウスキー‐志方型の直流ポーラログラフィーを創案した。この方法は、電気分析法の一種で、溶液中の化学種の分析に使われる。1924年秋、第2号機をもって帰国。京都帝国大学で研究を進めた。1942年(昭和17)満州国(現、中国東北地区)大陸科学院に転出。1954年(昭和29)名古屋大学教授となり、1959年に退官。1956年学士院恩賜賞を受けた。[荒川 泓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android