ヘキサメチレンジアミン(読み)へきさめちれんじあみん(英語表記)hexamethylenediamine

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヘキサメチレンジアミン」の解説

ヘキサメチレンジアミン
へきさめちれんじあみん
hexamethylenediamine

脂肪族アミンの一つ。1,6-ヘキサンジアミン、1,6-ジアミノヘキサンなどともいう。特有のにおいをもった固体。空気中から水や二酸化炭素を吸収する。アジポニトリルNC(CH2)4CNをナトリウムとエタノール(エチルアルコール)で還元すると得られる。水にはよく溶け、エタノールにも溶ける。アジピン酸HOOC(CH2)4COOHとともにポリアミド合成繊維の6,6-ナイロンの合成原料として重要である。

[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「ヘキサメチレンジアミン」の解説

ヘキサメチレンジアミン
ヘキサメチレンジアミン
hexamethylenediamine

1,6-hexanediamine.C6H16N2(116.21).NH2(CH2)6NH2.1,6-ジブロモヘキサンのフタルイミドカリウムによるアミノ化や,工業的には,アジポニトリルアンモニアの存在下で接触水素還元してつくる.融点42 ℃,沸点205 ℃,100 ℃(2.6 kPa).二酸化炭素を吸収して炭酸塩をつくる.水,エタノール,ベンゼンに可溶.ナイロン66,そのほかポリマーの合成原料に用いられる.皮膚を強く刺激する.LD50 750 mg/kg(ラット経口).[CAS 124-09-4]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「ヘキサメチレンジアミン」の解説

ヘキサメチレンジアミン

化学式はNH2(CH26NH2。1,6−ジアミノヘキサンとも。アンモニア臭のある白色板状結晶。融点45℃,沸点81.5℃(10mmHg)。水に易溶,エタノールに難溶。ナイロン66の合成原料として重要。シクロヘキサンから得られるアジポニトリルの還元などによってつくられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ヘキサメチレンジアミン」の解説

ヘキサメチレンジアミン【hexamethylenediamine】

1,6‐ジアミノヘキサンともいう。化学式H2N(CH2)6NH2。ナイロン66の重要な原料である。無色の結晶。融点45~46℃,沸点81.5℃(10mmHg)。空気中で水および二酸化炭素を吸収しやすい。工業的には,アジポニトリルNC(CH2)4CNの水素化,またはε‐カプロラクタムから導かれるε‐アミノカプロニトリルの水素化によって合成される。ナイロン【小川 桂一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android