コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサメチレンジアミン

百科事典マイペディアの解説

ヘキサメチレンジアミン

化学式はNH2(CH26NH2。1,6−ジアミノヘキサンとも。アンモニア臭のある白色板状結晶。融点45℃,沸点81.5℃(10mmHg)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘキサメチレンジアミン【hexamethylenediamine】

1,6‐ジアミノヘキサンともいう。化学式H2N(CH2)6NH2。ナイロン66の重要な原料である。無色の結晶。融点45~46℃,沸点81.5℃(10mmHg)。空気中で水および二酸化炭素を吸収しやすい。工業的には,アジポニトリルNC(CH2)4CNの水素化,またはε‐カプロラクタムから導かれるε‐アミノカプロニトリルの水素化によって合成される。ナイロン【小川 桂一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘキサメチレンジアミン
へきさめちれんじあみん
hexamethylenediamine

脂肪族アミンの一つ。1,6-ヘキサンジアミン、1,6-ジアミノヘキサンなどともいう。特有のにおいをもった固体。空気中から水や二酸化炭素を吸収する。アジポニトリルNC(CH2)4CNをナトリウムとエタノール(エチルアルコール)で還元すると得られる。水にはよく溶け、エタノールにも溶ける。アジピン酸HOOC(CH2)4COOHとともにポリアミド合成繊維の6,6-ナイロンの合成原料として重要である。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘキサメチレンジアミンの関連キーワードヘキサメチレンジアミン(データノート)カプロラクタムシアン化水素石油化学工業ポリアミンカロザースカロザーズブタジエン縮合重合

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘキサメチレンジアミンの関連情報