ヘクソカズラ

百科事典マイペディアの解説

ヘクソカズラ

ヤイトバナとも。アカネ科のつる性多年草。日本全土,東アジアの平地にふつうにはえる。茎は他物にからみ,基部は木化,葉は長卵形で対生する。8〜9月,葉腋鐘形灰白色で内面が紅紫色の小花を開く。果実は球形で,黄色に熟す。草全体に悪臭がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘクソカズラ【Paederia scandens (Lour.) Merr.】

山野に多いアカネ科の多年生つる草であるが,茎の下部は枯れないで残り,木化して直径1cmほどとなり木本状となる(イラスト)。植物体に悪臭があるので,この名がつけられた。一名サオトメバナ(早乙女花)。茎は長く伸び,葉は卵心形から狭卵形。夏,葉腋(ようえき)から出た枝に多数の花をつける。花冠は筒状,先は5裂し,白いが内側は赤紫色。花冠につばをつけ,人の体にくっつけて遊び,そのようすがもぐさに似るため,ヤイトバナともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘクソカズラ
へくそかずら / 屁糞葛
[学]Paederia scandens (Lour.) Merr.

アカネ科の藤本(とうほん)(つる植物)。ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)ともいう。乾くと全草黒っぽくなる。地面をはって長く伸びる茎には花はつかない。花のつく茎は、他物に巻き付いて高く上る。枯れないで残った茎は木質化して肥大成長し、径1センチメートルになる。葉は対生し、卵形。7~9月、枝先や葉腋(ようえき)に集散花序をつくり、多数の花を開く。花冠は筒形で5裂し、外側は灰白色、内側は赤紫色。果実は球形、先に小さくとがった萼片(がくへん)が残り、種子は2個。日本、および中国南部、インド、東南アジアに広く分布する。植物体をもむと悪臭があるので屁糞葛の名があり、花冠内側の赤紫色が灸(きゅう)をすえた跡に似るので灸花の名がある。早乙女(さおとめ)花は、花序を早乙女が用いるかんざしに見立てたものと思われる。花冠に唾液(だえき)をつけ、顔などにくっつけて草花遊びに用いられる。靭皮(じんぴ)繊維が長く、茎は紐(ひも)の代用となり、中国では茎を咳(せき)どめの薬としたり、紙の原料とする。
 ヘクソカズラ属は熱帯を中心に約40種分布する。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘクソカズラの関連情報