コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘック ヘック Heck, Philipp von

4件 の用語解説(ヘックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘック
ヘック
Heck, Philipp von

[生]1858.8.22. レニングラード
[没]1943.6.22. テュービンゲン
ドイツの法学者。 1889年ベルリン大学で教授資格を獲得。 91年グライフスワルト大学で民法,商法を講義。 92年ハレ大学,1901~28年テュービンゲン大学各教授。利益法学の創唱者。利益概念を中心とした法発見の方法を求め,裁判官のためのより明確な実践的法解釈学の確立を目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘック
ヘック
Heck, Richard F.

[生]1931.8.15. マサチューセッツ,スプリングフィールド
アメリカ合衆国有機合成化学者。フルネーム Richard Fred Heck。1952年カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業,1954年同校で博士号を取得。スイス博士研究員を務めたのち,デラウェア州ウィルミントンの企業,ヘルクレス Herculesでの研究員を経て 1971年デラウェア大学に移り,1989年まで教授を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘック(Richard F. Heck)

[1931~2015]米国の化学者。化学メーカー勤務を経て、デラウェア大教授。有機化合物の合成を仲介する触媒にパラジウムを使い、ヘック反応を確立した。2010年根岸英一鈴木章とともにノーベル化学賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘック
へっく
Richard Fred Heck
(1931― )

アメリカの化学者。マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ。1954年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で博士号を取得。博士号取得後(postdoctoralを略してポスドクともいわれる)の研究者などを経て1971年にデラウェア大学に異動し同大教授となる。1989年に同大を退官、名誉教授となった。2010年に「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング」の業績で、日本の鈴木章(あきら)、根岸英一とともにノーベル化学賞を受賞した。
 2種の有機化合物を結びつけて新しい化合物をつくりだすカップリングの研究では、化学反応を仲介する触媒と、2種の化合物の材料を効率よく結びつけることがポイントになる。ヘックは1972年に、パラジウムを触媒として使い、カップリングを効率よく進めて意図したとおりの化合物をつくりだす方法を確立した。
 これをきっかけに、反応の効率を高める触媒と、2種の材料が結びつくときのつなぎ替えの目印にどのような物質を使うかで新たな研究競争が始まった。共同受賞者となった根岸は、触媒にパラジウムを使い、つなぎ替えの目印に亜鉛化合物を使う「根岸カップリング」を開発して幅広い応用の道を切り開いた。また同じく鈴木は、より安全で扱いやすい有機ホウ素化合物を使い、汎用性の高い「鈴木カップリング」を開発した。こうしたカップリング法の開発と発展は、薬剤の開発と創薬、農薬の製法などに多くの新商品をもたらしただけでなく、液晶材料の製法、有機ELディスプレーの製造などにも使われ、工業界に多大な貢献を果たした。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘックの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘックの関連情報