コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘディン Hedin, Sven Anders

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘディン
Hedin, Sven Anders

[生]1865.2.19. ストックホルム
[没]1952.11.26. ストックホルム
スウェーデンの地理学者,探検家。ウプサラ,ベルリン,ハレの各大学に学ぶ。 1885~86年ペルシア,メソポタミアに旅行。 90年オスカール2世がペルシアに派遣した使節に随行してトルキスタン,91年カシュガルを旅行。 93~98年ウラル付近のオーレンブルクからパミールとチベット高原を越え,北京までアジア大陸を横断。 99~1902年タリム盆地,インダス川,ブラマプトラ川の水源を探検,その間,古代都市楼蘭遺跡を発見した。 27年スウェーデン,ドイツ,中国の学者とともに大規模な地理,考古,民族,生物,人類などについて探検調査を行なった。主著"Journey through Persia and Mesopotamia and the Caucasus" (1887) ,"Journey through Khorasan and Turkestan" (92~93) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘディン(Sven Anders Hedin)

[1865~1952]スウェーデンの地理学者・探検家。1893年以来、数回にわたって中央アジア・チベットを探検。楼蘭(ろうらん)遺跡やトランス‐ヒマラヤ山脈を発見し、ロブノールの周期移動を確認した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘディン

スウェーデンの地理学者,中央アジア探検家。地理学者リヒトホーフェンに学び,またプルジェワリスキーの影響をうけた。1893年―1897年,1899年―1902年,1906年―1908年,1927年―1935年の4回にわたって,東西両トルキスタン,チベットなどを探検し,その間に楼蘭(ろうらん)の遺跡,トランス・ヒマラヤ山脈を発見し,ロブ・ノールの周期的移動を明らかにするなど大きな業績を残した。
→関連項目タクラマカン砂漠橘瑞超タリム盆地中央アジアニエンチェン・タンラ[山脈]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘディン【Sven Anders Hedin】

1865‐1952
スウェーデンの地理学者,中央アジア探検家。ストックホルム生れ。幼時から秘境探検にあこがれ,1885年,20歳でイラン,イラクを踏査した。ウプサラ大学からベルリン大学に進み,リヒトホーフェンの影響で中央アジア探検を目ざした。93‐97年の第1回探検では,パミールの高峰ムズターグ・アタを試登し,タリム(塔里木)盆地を縦横に探検し,幾多の古代都市遺跡を発見して,西域考古学ブームの端を開いた。1899‐1902年の第2回探検では楼蘭遺跡を発掘して多数の古文書を発見し,またチベット各地を探検した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘディン【Sven Anders Hedin】

1865~1952) スウェーデンの地理学者・探検家。中央アジア各地を探検し、楼蘭ろうらん遺跡・トランス-ヒマラヤ山脈の発見、ロブノール移動の証明など多くの業績を残した。著「シルクロード」「さまよえる湖」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘディン
へでぃん
Sven Anders Hedin
(1865―1952)

スウェーデンの地理学者、探検家。ストックホルムに生まれる。ウプサラ大学卒業後、ベルリン大学でリヒトホーフェンに学んだ。第1回(1893~1897)、第2回(1899~1902)の中央アジア旅行によってパミール高原、タクリマカン(タクラマカン)砂漠、チベット高原、青海省を調査、チベット高原については1906~1908年にも探検を行い、不明の部分の多かったこれら諸地域の地理の解明に寄与するところが少なくなかった。なかでも、ロプノールが時代によって位置を異にすること、ヒマラヤ山脈の北方にほぼこれに並行して東西に走るトランス・ヒマラヤ山脈とよぶべき山脈の存在すること、インダス川河源の発見は著しい。さらにホータン付近のダンダン・ウィリックの廃墟(はいきょ)(1896年1月)の調査、楼蘭(ろうらん)の都城址(とじょうし)の発見発掘(1900年3月、1901年3月)は、この地域に輝かしい古代文明の遺跡のあることを明らかにして、後のスタインをはじめとする探検隊の調査の先駆けをなしたものである。1927~1935年、第3回の中央アジア探検を行い、スウェーデン、デンマーク、ドイツと中華民国との学者が共同して、タクラマカン、ゴビ両砂漠を中心とする地域の自然、人文、考古の諸方面に関する大規模な調査を行った。これをSino-Swedish Expeditionあるいは西北科学考査団という。その報告書は55冊に上る。これを機会に、それまでの調査の成果を集大成した中央アジア地図の編集刊行を計画したが、第二次世界大戦のため未完に終わった。[榎 一雄]
『深田久弥・榎一雄・長澤和俊監修『ヘディン探検紀行全集』15巻・別巻2(1978~1980・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘディンの言及

【楼蘭】より

… 4世紀末にこの一帯を通過した法顕の記録するところによれば,当時クロライナには小乗仏教を奉ずる国王と4000人の仏僧がいたことが知られ,この僧の数からしても,かなりの都市に成長していたことが推定される。また20世紀の初頭,A.スタイン,S.ヘディンらがこの鄯善王国領内の砂に埋もれた諸遺跡(ニヤ,エンデレ,クロライナ)から発見した782点にのぼる〈カローシュティー文書〉によって,3~4世紀の鄯善王国では,公用語として,西北インドの俗語であるプラークリット語が使用され,クロライナに居住した〈大王,王中の王,……〉を中心にかなり強力な中央集権的な政治体制がとられていたことが知られる。プラークリット語の使用は,当時この地域に,かなり多数のインド系の住民が居住していたことを示唆するものである。…

※「ヘディン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘディンの関連キーワードニエンチェン・タンラ[山脈]鄯善(古代オアシス国家)ドロベタトゥルヌセベリンロプノール(羅布泊)湖diving headクレメン ラフリッチブライアン ブレイクプルジェバリスキーヘッディングアップトゥルヌ・セベリンロブ・ノール[湖]ジミー オーエンストゥルヌ・セベリンマナサロワール湖ガンディセ山脈フェルナンドンハラ・ホト遺跡オロン・スムシルクロードノースアップ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android