コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビアス・コーパス habeas corpus

翻訳|habeas corpus

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビアス・コーパス【habeas corpus】

イギリスの裁判所令状の一つ。13世紀初めころから発達したもので,〈身柄を持参すべし〉という意味。裁判所が拘禁の理由を取り調べ,その結果にもとづいて適当な処分を行うため,被拘禁者の身柄を裁判所に提出すべきことを拘禁者に命ずるもの。とくに17世紀に,スチュアート朝の国王がみだりに人民を逮捕して審理を行わずに拘禁を続けた場合に,そのような君主大権の濫用に対する人身の自由保護のための救済手段として活用され,1679年の〈ヘビアス・コーパス・アクト(人身保護法)〉によって,この令状の順守が明確に義務づけられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヘビアス・コーパスの関連キーワードヘビアス・コーパス・アクトアイルランド反乱人身保護令人権宣言

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android