身体の自由(読み)シンタイノジユウ

百科事典マイペディアの解説

身体の自由【しんたいのじゆう】

公権力によって逮捕監禁など身体の拘束を受けないこと。人身の自由とも。近代憲法は法律によらなければみだりに身体の自由を侵されない原則を確立した。日本の旧憲法もこれを保障したが,実際にはきわめて不完全な保障であった。現行憲法は現行犯の場合を除き裁判官の発する逮捕状がなければ逮捕されず,法律に定める手続によらなければ刑罰として生命・自由を奪われないこと等を詳細定める(憲法31条以下)。これに基づき刑事訴訟法が改正され,人身保護法が制定された。→ヘビアス・コーパス
→関連項目検束

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんたいのじゆう【身体の自由】

正当な理由なしに逮捕・拘禁など身体上の拘束を受けないこと。日本国憲法はその保障のため、奴隷的拘束や苦役の禁止、刑事手続における法定主義、被告人の諸権利等について詳細な規定を設ける。人身の自由。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の身体の自由の言及

【人身の自由】より

…身体活動の自由のことで,身体の自由ともいう。その保障は古くはマグナ・カルタ(1215)にさかのぼるが,この自由は資本主義経済の前提条件をなし,その保障が一般化するのは,市民革命後である。…

※「身体の自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身体の自由の関連情報