身体の自由(読み)しんたいのじゆう

百科事典マイペディア「身体の自由」の解説

身体の自由【しんたいのじゆう】

公権力によって逮捕監禁など身体の拘束を受けないこと。人身の自由とも。近代憲法は法律によらなければみだりに身体の自由を侵されない原則を確立した。日本の旧憲法もこれを保障したが,実際にはきわめて不完全な保障であった。現行憲法は現行犯の場合を除き裁判官の発する逮捕状がなければ逮捕されず,法律に定める手続によらなければ刑罰として生命・自由を奪われないこと等を詳細定める(憲法31条以下)。これに基づき刑事訴訟法が改正され,人身保護法が制定された。→ヘビアス・コーパス
→関連項目検束

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「身体の自由」の解説

しんたい‐の‐じゆう〔‐ジイウ〕【身体の自由】

近代憲法の保障する自由権の一。法律上の手続きによらず、かつ正当な理由なしに逮捕・拘禁処罰などを受けることのない自由。日本国憲法は詳細な規定を設けている。人身の自由。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「身体の自由」の解説

しんたい【身体】 の 自由(じゆう)

近代国家で、憲法が国民に保障する自由の権利の一つ。人身の自由ともいう。法律上の手続によらず、かつ正当な理由がなくては、逮捕・拘禁・処罰などを受けることのないこと。日本国憲法では、第一八条、第三一~四〇条でこれを保障している。
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)一一月二日「内乱に対し露帝が新たに発したる詔勅内容は、露国民に身体の自由、言論の自由、〈略〉並に国会に於て法律案に協賛するの権を与へられたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の身体の自由の言及

【人身の自由】より

…身体活動の自由のことで,身体の自由ともいう。その保障は古くはマグナ・カルタ(1215)にさかのぼるが,この自由は資本主義経済の前提条件をなし,その保障が一般化するのは,市民革命後である。…

※「身体の自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android