コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビクイワシ ヘビクイワシ Sagittarius serpentarius; secretarybird

2件 の用語解説(ヘビクイワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビクイワシ
ヘビクイワシ
Sagittarius serpentarius; secretarybird

タカ目ヘビクイワシ科。1科 1属 1種。全長 112~152cm。タカ類では特殊な脚の長い形態で,頸は長くないが,遠くからだとツル類のように見える。羽色は背面が灰色で,腹面は白っぽい灰色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビクイワシ
へびくいわし / 蛇喰鷲
secretary bird
[学]Sagittarius serpentarius

鳥綱タカ目ヘビクイワシ科の鳥。この科は、ヘビクイワシ1種だけしかない特殊な科である。アフリカサハラ砂漠以南に分布する。全長約1メートル、嘴(くちばし)は鋭く曲がる。後頭には十数本の冠羽があり、これが羽根ペンをかつらに挿した中世ヨーロッパの書記官を連想させることから、ショキカンチョウ(書記官鳥)の別名をもつ。足は著しく長い。頭部から体は灰色で、目の周囲は赤く、腰、腹、もも、風切(かざきり)は黒い。中央尾羽は長く伸びて灰色、先端が白くその内側に黒帯がある。草原にすみ、長い足で歩き回って獲物を探す。ヘビ、トカゲ、鳥の雛(ひな)、大形の昆虫、小形の哺乳(ほにゅう)類などをみつけると、近づいて強く踏みつける。一度踏みつけると1メートルぐらい飛びのき、獲物の周囲を回ってふたたび近づき、片足で強打を加える。これは毒ヘビを殺すのに安全な方法である。狩りは、つがいや家族でいっしょに行うことが多い。上が平たくなった木の上に止まって眠るのが普通である。繁殖期には縄張りをもって生活する。高木の枝上に小枝で皿形の巣をつくり、2、3日間隔で1腹2、3個の卵を産む。雌だけが抱卵し、抱卵日数は約45日である。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘビクイワシの関連キーワード猿喰鷲裸鰯蛇食鷲唐鰯鷹目蛇喰鷲ヘビ(蛇)ワシ(鷲)ヘビクイワシ(蛇喰鷲)ヘビクビガメ(蛇頸亀)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘビクイワシの関連情報