コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビノネゴザ

百科事典マイペディアの解説

ヘビノネゴザ

メシダ科の夏緑性シダ。北海道〜九州の山の岩場路傍などにはえ,温帯〜寒帯に広く分布する。銅山など他の植物があまりはえない所にもよくはえるので,鉱山指標植物の一つともいわれ,カナヤマシダの名もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビノネゴザ
へびのねござ / 蛇寝御座
[学]Athyrium yokoscense (Fr. et Sav.) Christ

オシダ科の夏緑性シダ。カナクサともいう。短い根茎に1回羽状複葉を束生し、葉身は披針(ひしん)形、葉柄はやや短く、鱗片(りんぺん)をもち、鱗片の中央は黒褐色である。胞子嚢(のう)群は中肋(ちゅうろく)と側縁の中間につき、包膜は鉤(かぎ)形をしている。全国の山地に普通にみられる。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘビノネゴザの言及

【メシダ】より

… 北半球の温帯に広く分布するA.filix-foemina (L.) Roth(英名lady fern)(イラスト)はきわめて近縁な種であり,黒色鱗片をもった日本産のミヤマメシダも近縁である。ヘビノネゴザA.yokoscense (Fr.et Sav.) Christは北海道から九州にかけて普通に産し,東アジアに分布する。葉柄下部に褐色~黒褐色で周辺部が淡褐色の鱗片をつける。…

※「ヘビノネゴザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘビノネゴザの関連キーワード金草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android