コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビノネゴザ

2件 の用語解説(ヘビノネゴザの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヘビノネゴザ

メシダ科の夏緑性シダ。北海道〜九州の山の岩場や路傍などにはえ,温帯〜寒帯に広く分布する。銅山など他の植物があまりはえない所にもよくはえるので,鉱山の指標植物の一つともいわれ,カナヤマシダの名もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘビノネゴザ
へびのねござ / 蛇寝御座
[学]Athyrium yokoscense (Fr. et Sav.) Christ

オシダ科の夏緑性シダ。カナクサともいう。短い根茎に1回羽状複葉を束生し、葉身は披針(ひしん)形、葉柄はやや短く、鱗片(りんぺん)をもち、鱗片の中央は黒褐色である。胞子嚢(のう)群は中肋(ちゅうろく)と側縁の中間につき、包膜は鉤(かぎ)形をしている。全国の山地に普通にみられる。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘビノネゴザの言及

【メシダ】より

… 北半球の温帯に広く分布するA.filix-foemina (L.) Roth(英名lady fern)(イラスト)はきわめて近縁な種であり,黒色鱗片をもった日本産のミヤマメシダも近縁である。ヘビノネゴザA.yokoscense (Fr.et Sav.) Christは北海道から九州にかけて普通に産し,東アジアに分布する。葉柄下部に褐色~黒褐色で周辺部が淡褐色の鱗片をつける。…

※「ヘビノネゴザ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘビノネゴザの関連キーワードアジアンタム雄羊歯湿羊歯玉羊歯茶筅羊歯溝羊歯雌羊歯熊蕨袋羊歯総羊歯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone