コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブライ人 ヘブライびと

百科事典マイペディアの解説

ヘブライ人【ヘブライびと】

カナンに住み,農業・牧畜を生業としたセム系遊牧民集団。イスラエル人の別名。イブリーヘブライ語),ヘブライオス(ギリシア語)に由来する語で,種族をさすものではなく,社会層と想定する説が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘブライびと【ヘブライ人 Hebrews】

ギリシア語のヘブライオスhebraiosによる呼称で,旧約聖書ではイブリー‘ibrî。前3千~前2千年紀の古代東方一帯の文書に,傭兵として現れたり,定住民を脅かしたりする遊牧的で不安定な社会層として,ハピルもしくはハビルhap/biru,‘apiruなる名称が見いだされる。イブリーもフィリスティア人の傭兵,エジプトでの遊牧的下層民,債務奴隷身分に陥った下僕などとして言及されており,ハピル(ハビル)との言語学的対応は証明できないが,身分状況は対応する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブライ人
へぶらいじん

古代イスラエル人の別名。ヘブライ語のイブリーに由来し、「進みゆく」「越えてゆく」などの意味をもつ動詞イブルから転じて、「(ユーフラテス)川の向こうからきた者」を意味する。もともとは川を渡ってきた遊牧民集団をさしたものである。紀元前14世紀のアマルナ時代シリアパレスチナに出没した「ハピル(ハビル)」とよばれる集団と同一の範疇(はんちゅう)に属するといわれる。のちにイスラエル(「神が支配する」の意)が民族の選民としての自覚に基づく自称として用いられたのに対して、ヘブライは他民族によって世俗的名称として用いられた。[高橋正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘブライ人の言及

【シリア】より


[古代の住民と文化]
 住民の基本構成要素は最古の時代からセム系の民族を中心とした。すなわち,アモリ人(アムル人),カナン人,アラム人,ヘブライ人,フェニキア人,ナバテア人,モアブ人,アンモン人,エドム人などの北西セム語系諸族であり,他の民族(ギリシア人,ローマ人,フルリ人など)は一時的に勢力を伸ばしたにとどまった。しかし,これらのセム系民族も主としてアラビア半島の砂漠からの侵入民であり,7世紀以降のアラブの征服・移住も含め,波状の民族移動が起こること自体シリアの特色であった。…

※「ヘブライ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘブライ人の関連情報