コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラオオバコ

2件 の用語解説(ヘラオオバコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヘラオオバコ

オオバコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラオオバコ
へらおおばこ / 篦大葉子
ribwort plantain
[学]Plantago lanceolata L.

オオバコ科の多年草。葉は根生し、披針(ひしん)形で先はとがり、3~5脈がある。4~8月、高さ20~70センチメートルの花茎を直立し、花穂をつける。花穂は初めは円錐(えんすい)形でのちに円柱形となり、多数の白色花を順次下から開く。雄しべは花冠から長く突き出て、葯(やく)は白色または淡紫色で目だつ。ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端、野原、川原などに生え、日本および中国、北アメリカ、カナダに帰化している。名は、葉がへら形であることによる。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘラオオバコの言及

【オオバコ】より

…オオバコとともに栽培される園芸品種がある。へら形の葉をもつヘラオオバコP.lanceolata L.(英名はrib‐wort,plantain)はヨーロッパ原産の帰化植物で,江戸時代の末期ごろ渡来した。またツボミオオバコP.virginica L.は北アメリカ原産で明治末に帰化し,西日本に多い。…

※「ヘラオオバコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone