コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラシダ

百科事典マイペディアの解説

ヘラシダ

メシダ科の常緑シダ。本州〜沖縄の暖地谷川斜面などに大群落をつくる。葉は長さ30〜70cmの単葉で長い柄があり,針金状の地下茎からまばらに出て垂れ下がる。胞子嚢群線状で,葉縁と中軸の間に平行して並ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラシダ【Diplazium subsinuatum (Wall.ex Hook.et Grev.) Tagawa】

葉がへら形をしたシダ植物メシダ科の小型多年草。和名は葉形に由来する。常緑性。根茎は長くはい,細い。根茎と葉柄基部には黒褐色線形で,全縁の鱗片がつく。葉は単葉でまばらにつき,長さ約50cmに達し,葉柄は葉身よりも短い。葉身は線形から披針形,幅2.5cmになり,全縁または浅い波状縁で,革質。葉脈は遊離し,平行に走り,まばらに小さい鱗片がつく。胞子囊群は葉脈の片側または両側にそってつき,線形,包膜も線形,全縁。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラシダ
へらしだ / 篦羊歯
[学]Diplazium subsinuatum (Wall.) Tagawa

オシダ科の常緑性シダ。細くはう根茎に、幅2~5センチメートルの細長い単葉をまばらにつける。葉身は革質で、葉柄は短い。胞子嚢(のう)群と包膜は線形。本州以南の暖地の陰湿な地上や岩上に群生する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘラシダの関連キーワード岩蓑