コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラヤガラ Aulostomus chinensis; Chinese trumpetfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラヤガラ
Aulostomus chinensis; Chinese trumpetfish

トゲウオ目ヘラヤガラ科の海水魚。全長 80cmに達する。体は細長くて側扁する。は著しく長く,口は吻端に開く。背鰭は 8~13本のとげと尻鰭に相対する軟条部とからなる。体色は通常暗赤褐色,ときに黄色。サンゴ礁にすむが,行動が特異で,頭を下にして海藻の間や岩陰で静止していたり,ほかの魚に寄り添って泳いだりする。相模湾以南,インド・太平洋域に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラヤガラ
へらやがら / 篦
trumpet fish
[学]Aulostomus chinensis

硬骨魚綱トゲウオ目ヘラヤガラ科に属する海水魚。相模(さがみ)湾以南、中部太平洋からアフリカ東岸、東部太平洋の暖海に広く分布し、水深30メートル以浅のサンゴ礁や岩場に生息する。体は細長くて側扁(そくへん)し、吻(ふん)は管状に長く伸びる。下顎(かがく)の先端に1本の短いひげがある。背びれの棘(とげ)は11本で、いずれも独立している。体色の変異が著しく、淡褐色から鮮黄色までみられるが、一般に尾びれや腹びれに円形の黒点がある。体長1メートルほどになる。肉食性で小魚やエビ・カニ類などを吸い込むようにして食べる。海藻やサンゴなどの腔腸(こうちょう)動物の群体の間で倒立して、擬態をする。大形の魚に寄り添って泳いだり、頭を垂直方向に下げて大形魚の体に寄りかかる奇習がある。皮膚に渋みがあり、食用にしない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘラヤガラの関連キーワードヘラヤガラ(篦矢柄)コーサーイユ篦矢柄篦簳魚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android