ヘルソン(読み)へるそん(英語表記)ХерсонHerson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルソン(ウクライナ)
へるそん
Херсон Herson

ウクライナ南部、ヘルソン州の州都で港湾都市。人口32万8000(2001)。黒海に注ぐドニエプル川の河口から約20キロメートル上流の三角州頂点に位置する。クリミア、ニコラエフなどと鉄道や道路で結ばれる。港は海陸の貨物積み換え地点として発達した。造船、ボギー台車、電気機器、コンバイン、精油、ガラス、繊維、魚缶詰、ぶどう酒醸造など多種の工業がある。市の創立は1778年で、18世紀末建立のスパスキー聖堂が残る。二つの劇場、絵画館、郷土館もある。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android