コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルソン Kherson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルソン
Kherson

ウクライナ南部,ヘルソン州の州都。黒海に注ぐドネプル川の河口より約 25km上流の右岸にある港湾都市。 1778年黒海地方を守るロシアの要塞として建設され,黒海におけるロシア最初の軍港となり,造船所も建設された。 1901年運河により大型外洋船の出入りが可能になり,また革命後ドネプル川の水路が改修されて,全ドネプル流域の海の玄関となった。さらにドネプロペトロフスクとハリコフを結ぶ鉄道路線が開設されて,この沿線諸都市の海港ともなり,著しく発展した。ドネプル流域への石油供給基地であり,造船,コンバイン,製油,木材加工,ガラス,綿織物,食品 (水産物加工,食肉,缶詰) などの工業が発達している。教育大学,農業大学,灌漑農業研究所,歴史・考古学博物館,郷土博物館,州立音楽・演劇場などの教育・文化施設をもつ。鉄道分岐点で,空港もある。人口 36万 5000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘルソン

ウクライナ南部,ドニエプル川河口付近の港湾都市。造船,農業機械,ガラスなどの工業が行われる。1778年創設,商港として発展。1941年ドイツ軍に占領された。30万666人(2012)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルソン【Kherson】

ウクライナ南部の同名州の州都。ドニエプル川の河口から25kmほどさかのぼった右岸に位置する港湾都市。港は良港だが,冬季は凍結する。人口36万5000(1991)。露土戦争後の1778年に要塞として建設され,のち商港として発展した。第2次大戦中の1941年にはドイツ軍に占領された。 なお,中世にヘルソンまたはコルスニKorsun’と呼ばれた都市は,まったく別の古代都市で,クリミア半島にあった。これはギリシア語でタウリケのケルソネソスChersonēsos Taurikē(この名称は元来クリミア半島を指し,都市名にも用いられた)と呼ばれ,メガラギリシア人が開いた植民市である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヘルソンの関連キーワードハワード(John Howard、監獄改良運動家)ニコライ ガーリン・ミハイロフスキーアレキセイ キリチェンコアスカニヤノバ自然保護区セルゲイ スタニシェフ順応(生物学、心理学)ヘルソン(ウクライナ)メッテル エマニエルデミヤン ベードヌイユーリー ニキチンカホフスキー人造湖ゲシュタルト心理学ノーバヤカホフカドニエプル[川]クラフチンスキーメイエルホリドクリボイログラブレニョフキリチェンコペレコプ地峡

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android