コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルニア ヘルニア hernia

翻訳|hernia

7件 の用語解説(ヘルニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルニア
ヘルニア
hernia

生理的あるいは病的な腹壁裂隙を通じて,内臓が壁側腹壁に包まれたまま腹膜腔外に脱出する状態。これに対して,内臓が腹膜に包まれないで外に脱出するものは,脱と呼ばれるヘルニアは鼠径部に最も多く (鼠径ヘルニア) ,大腿部,臍などにも起る (大腿ヘルニア臍ヘルニア) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘルニア(〈ラテン〉hernia)

体内の臓器が、あるべき部位から逸脱した状態。腹部の内臓に多くみられ、腹壁に生じた裂け目から腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出する。鼠蹊(そけい)ヘルニア臍(さい)ヘルニア椎間板ヘルニアなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘルニア

腹壁の孔から内臓の一部が腹膜に包まれたまま腹壁皮下に脱出するもの。脱出臓器のおもなものは小腸でこの場合脱腸ともいう。鼠径(そけい)ヘルニアが最も多く,臍(さい)ヘルニア大腿(だいたい)ヘルニア,手術創に起こる瘢痕(はんこん)ヘルニアなどがある。
→関連項目横隔膜ヘルニア腸捻転パレ瘢痕

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ヘルニア

 腹部内臓の一部が孔口から出る症状.体外から認められるものもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルニア【hernia】

語源は〈脱出〉を意味するラテン語のherniaで,臓器もしくは組織が体内の裂け目を通って,本来の位置から脱出した状態をいう。腹部の内臓が腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出し,皮下に膨隆する外ヘルニアと,腹腔内の異常な裂孔に内臓が入りこむ内ヘルニアに大別される。しかし,一般にヘルニアといえば外ヘルニアを指し,大部分は小腸が脱出するため俗に脱腸ともいわれる。しかし膀胱,卵巣,その他の内臓も脱出することがあるため,医学的に正確な呼名ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヘルニア【hernia】

臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態。鼠蹊そけいヘルニア・大腿だいたいヘルニア・臍さいヘルニア・横隔膜ヘルニア・椎間板ヘルニア・脳ヘルニアなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルニア
へるにあ
hernia

体腔(たいくう)の内側を覆っている膜(腹膜、胸膜、脳硬膜など)が、先天的または後天的に生じた裂け目から臓器や組織を包んだまま袋状に逸脱した状態をいう。腹部にもっとも多くみられ、しかも大部分が小腸であるところから俗に脱腸とよばれるが、膀胱(ぼうこう)や卵巣なども逸脱することがあるので、医学的に正しい名称とはいえない。また真のヘルニアではないが、脳や肺、椎間板(ついかんばん)などが逸脱して、ヘルニアとよばれる状態を呈することもある。体腔被膜を伴わない臓器の逸脱は、内臓脱出とよんで区別する。
 ヘルニアは、逸脱部位であるヘルニア門、逸脱臓器であるヘルニア内容、それを袋のように覆う体腔被膜からなるヘルニア嚢(のう)の三要素から構成され、体腔外でおこる外(がい)ヘルニアと体腔内でおこる内(ない)ヘルニアとに大別される。外ヘルニアには代表的な鼠径(そけい)ヘルニアをはじめ、大腿(だいたい)ヘルニア、臍(さい)ヘルニア、会陰(えいん)ヘルニア、腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニアなどがあり、内ヘルニアには横隔膜ヘルニアをはじめ、傍十二指腸ヘルニアや盲腸周囲ヘルニアなどの腹腔内ヘルニアが含まれる。また、発生原因によって先天性や後天性、さらに術後性や外傷性ヘルニアに分けられる。
 なお、ヘルニア内容の臓器を正常な位置に戻せる場合は還納性であるといい、還納できないものをヘルニア嵌頓(かんとん)または嵌頓ヘルニア、嵌頓してヘルニア内容に血行障害を生じた場合は絞扼(こうやく)ヘルニアとよぶ。ヘルニア嵌頓は偶発症としてみられ、腸の壊死(えし)や腸内容通過障害によるショック症状を呈することがあり、嵌頓時間の経過とともに危険性が増大するので、救急外科処置を必要とする。[岡島邦雄]

鼠径ヘルニア

もっとも頻度の高いヘルニアで、とくに外鼠径ヘルニアが多く、いわゆる脱腸はこれをさす。男子に多くみられ、睾丸(こうがん)下降と密接な関連がある。小腸や卵巣などが陰嚢や大陰唇中に逸脱したものは、それぞれ陰嚢ヘルニア、陰唇ヘルニアとよばれる。根治手術は出生後どの時期でも可能であるが、その術式は幼児と成人とでは異なる。[岡島邦雄]

大腿ヘルニア

鼠径ヘルニアが鼠径靭帯(じんたい)の上方から逸脱するのに対し、大腿ヘルニアは鼠径靭帯の直下にある卵円窩(か)から腹腔内臓器が腹膜に覆われて逸脱するもので、幼児にはまったくみられず、高齢の経産女子に多く発症する。[岡島邦雄]

臍ヘルニア

臍輪に欠陥があり、そこから腹腔内臓器が逸脱するもので、1年以内の幼児にみられる臍ヘルニアの大部分は自然治癒する。しかし、2歳以上にみられるものは手術が必要となる。[岡島邦雄]

横隔膜ヘルニア

横隔膜の裂孔から腹部臓器が胸腔内へ逸脱するもので、左側横隔膜に多くみられる。成人に多くみられるのは、食道が横隔膜を貫通する食道裂孔が拡張して胃が逸脱してくる食道裂孔ヘルニアであり、幼小児に多くみられるのは、横隔膜の後外側に一対あるボホダレックBochdalek孔のうち、左側から胃、小腸、大腸、脾(ひ)臓などが逸脱してくるボホダレック孔ヘルニアである。このほか、後天的な外傷や腹腔内炎症による横隔膜穿孔(せんこう)でおこることもある。とくにボホダレック孔ヘルニアでは、急激な呼吸困難により重篤となることが多い。横隔膜ヘルニアの治療には、開胸あるいは開腹によるヘルニア孔閉鎖手術が必要である。[岡島邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルニアの関連キーワードクレドシャンデリア直観テノールロゴス思弁エシェリヒアコリクローネ(Krone)パーパティック第3手根骨 (3rd carpal bone)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘルニアの関連情報