ベギン(英語表記)Begin, Menahem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベギン
Begin, Menahem

[生]1913.8.16. ブレストリトフスク
[没]1992.3.9. テルアビブ
イスラエルの政治家。 1936年ポーランドで修正派のシオニズム運動の活動家となる。第2次世界大戦中ソ連によりスパイ容疑で逮捕され,一時シベリアで抑留生活をおくる。 42年パレスチナに移住し,ユダヤ人移住を制限していたイギリス委任統治に反抗する地下軍事組織イルグン・ツバイ・レウミの指揮官となり,反英テロ活動を展開。 48年イスラエル独立直後に右翼政党へルートを結成,トランスヨルダンをも含めた歴史上のパレスチナ全部がイスラエルのものだという「大イスラエル主義」の主張を掲げる。 73年,右翼連合リクードを結成し,党首となる。 77年5月の総選挙でリクードが第一党となり,首相に就任。「ヨルダン川西岸もガザも本来ユダヤ人のもので,占領地ではなく解放地だ」として,占領地へのユダヤ人入植地の建設を促進。 78年9月のキャンプデービッド合意により,エジプトのサダト大統領とともにノーベル平和賞を受賞。 79年3月エジプトとの平和条約を成立させる。 81年ゴラン高原を併合。 82年6月のレバノン侵攻後,パレスチナ人虐殺事件で国内外から批判を浴びて苦境に立つ。首相就任以来,3回心臓発作に見舞われるなど健康問題もあり,83年9月首相を辞任し,政界から引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベギン
べぎん
Menahem Begin
(1913―1992)

イスラエルの政治家。当時ロシア領であったブレスト・リトフスク(現、ベラルーシ領のブレスト)生まれ。ワルシャワ大学法学部卒業。早くからシオニズム運動に参加し、1942年パレスチナに移住。1943年以来非合法地下軍事組織イルグンを指揮し、イギリスの委任統治に武力で抵抗。1948年ヘルート党を結成し、その総裁となる。第三次中東戦争後1970年まで挙国一致内閣の無任所相として入閣した以外は、絶えず右翼の野党指導者として活躍。1973年右翼連合リクードを結成し、1977年6月首相に就任した。1978年キャンプ・デービッド協定の調印に踏み切ったのち、1979年エジプトと平和条約を締結し、エジプトとの長い戦争状態を終結させた。1978年エジプトのサダトとともにノーベル平和賞を受賞。1983年首相辞任。[伊能武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベギンの関連情報