ベッサラビア(英語表記)Bessarabia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッサラビア
Bessarabia

東ヨーロッパの歴史的地域名。ドネストル川プルト川の間に位置する豊かな農業地帯。コムギ,トウモロコシ,テンサイ,タバコ,ブドウなどを産し,ウシの放牧も盛ん。今日,大部分モルドバに,一部分ウクライナに属する。住民の大半はモルドバ人で,その他ウクライナ人,ロシア人,ユダヤ人が居住。中心都市キシニョフ。6世紀頃にスラブ人が来住し,その後も諸民族の往来が盛んで,13世紀にはモンゴルが侵入。14世紀末からモルドバ,ワラキア諸侯の支配を受けた。ベッサラビアの名称は,このときワラキアを支配していたバサラブ朝に由来するといわれる。16世紀以降オスマン帝国の支配を受けたが,18世紀頃からロシアが進出,1812年ブカレスト条約で全域がロシア領となった。1856年パリ条約によって南部地域はモルドバに割譲されたが,1878年ベルリン会議を経て再びロシアに帰属。ロシア革命に際して,この地の労働者・農民評議会はモルドバ共和国を宣言,1918年ルーマニア帰属を決定,1920年パリ条約によって承認された。しかしソビエト連邦はあくまで承認を拒否,1940年ベッサラビア返還を強行した。1941年ルーマニアはドイツの支援を得て一時この地を回復したが,1944年ソ連軍が奪回,1947年パリ平和条約でソ連帰属が承認され,モルダビア=ソビエト社会主義共和国となった。1980年代後半のペレストロイカならびに東欧革命のなかで 1990年6月国名をモルダビア共和国として主権宣言,翌 1991年8月国名をモルドバ共和国と改称した。(→ルーマニア史ロシア史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベッサラビア

黒海沿岸,ドニエストル川とプルート川,ドナウ川下流部に囲まれた地方。ルーマニア名はバサラビアBasarabia。住民はモルダビア(ルーマニア)人,ウクライナ人,ロシア人。北部は高地で,南部は湖の多い低地。気候温暖で農業・牧畜が行われる。10世紀にキエフ公国領,1513年オスマン帝国領。1812年ロシア領となったが,1918年ルーマニア領となり,1940年ソ連領。1991年以降は大部分モルドバ,南部はウクライナ両国に編入されている。古来,諸民族の往来が激しく,また中欧,バルカン,ロシアなどから逃れてきた少数民族集団を加えて特殊な民族構成をもつ地域であったが,政治的変化の激しさや長年のロシア化政策が民族間の関係を不安定にしてきた。住民の大部分がルーマニア(モルダビア)人であるため,近年はルーマニアとの統合問題も浮上しているがロシア人や少数民族の反発もあって,事態は複雑化している。
→関連項目モルドバ(地方)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベッサラビア【Bessarabiya】

現在のモルドバ共和国の地域の旧称。ルーマニア語ではバサラビアBasarabia。ドニエストル川,プルート川と黒海に囲まれた地域で,南部は平坦地で,かつては内陸アジアに連なるステップ地帯に属し,北部には高山はないがカルパチ山脈の支脈が走り丘陵地帯が多い。現在ではロシア化が進んでいるが,20世紀前半までは多数を占めるルーマニア人のほかにさまざまなエスニック集団が共存し,民族学の博物館と呼ばれた。 古代にはスキタイ遊牧民族が支配し,のちダキアの勢力下に置かれたが,ローマ帝国のダキア支配が崩れる3世紀以降はまさしく諸民族の移動・通過地となり,ゴート族,アバール人,ブルガール族,スラブ人などが相次いで来住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベッサラビア【Bessarabia】

東ヨーロッパ、ドニエストル川・プルート川・黒海に囲まれた地域。古くからロシア・オスマン帝国・ルーマニアの係争地。現在、モルドバ共和国に属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッサラビア
べっさらびあ
Bessarabia

ヨーロッパ東部、ともに黒海に注ぐドニエストル川とプルート川に挟まれた歴史的地域。面積約4万5000平方キロメートル。ルーマニア語名バサラビアBasarabia。「ベッサラビア」は英語名。モルドバ共和国の大部分を占めるが、歴史的な係争地域で、住民の3分の2弱がルーマニア人(旧ソ連では独自の「モルダビア人」だとしていた)、残りはウクライナ人、ロシア人などである。中心都市キシニョフ。14世紀にルーマニア人が建国したモルダビア公国の一部となったが、16世紀にはモルダビアとともにオスマン・トルコの宗主権下に入った。トルコは1812年のブカレスト条約によってベッサラビアをロシアに割譲。1917年のロシア革命後、同地は混乱に陥ったが、18年4月に同地のルーマニア人の評議会(スファト)は、進攻してきたルーマニア軍を背景にルーマニアとの合併を決議した。ソ連はそれに強く抗議し、39年の独ソ不可侵条約でドイツの了解を得たうえで40年6月に最後通牒(つうちょう)を発し、ルーマニアから同地を奪還。第二次世界大戦時に枢軸側にたったルーマニアが同地を奪ったが、戦争末期にソ連が回復した。1960年代に入って、歴史論争の形でベッサラビアをめぐる両国の抗争が再燃した。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ベッサラビア

(Bjessarabija) ヨーロッパ東部のドニエストル川とプルート川とにはさまれた地方の古称。現在、大部分はモルドバ共和国に、一部はウクライナに属している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のベッサラビアの言及

【ルーマニア】より

…ドイツに信任のあついアントネスクが国家指導者となり,やがて日独伊三国同盟に加盟した。この間40年6月にソ連はルーマニアに最後通牒を送り,ベッサラビアと北ブコビナを領有,ブルガリアも南ドブロジャを領有,またドイツ,イタリアのウィーン裁定によってトランシルバニア北部がハンガリーに与えられた。第2次大戦が始まると,41年6月ルーマニアは対ソ戦に参加したが,国内では労働者や知識人による反戦運動が起き,44年8月ソ連軍がルーマニア領土への反攻を開始したのに呼応して,戦争からの離脱工作があわただしく行われた。…

※「ベッサラビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android