コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッダ

2件 の用語解説(ベッダの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベッダ

スリランカ島の先住民。原始的な焼畑に依存。人口は著しく減少し800人(1964)。物質文化の面では非常に単純。隣接シンハラ人の文化の影響を強く受け,固有の言語も失いシンハラ語を使用。
→関連項目スリランカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッダ
べっだ
Vedda

スリランカの「先住民」とされた人々。19世紀末に茶のプランテーション中央高地の奥地に広がるのにつれて、密林地帯の採集狩猟「ベッダ」がイギリス人に知られ、文化人類学者セリグマン(1873―1940)らが彼らを「石器時代の生き残り」とみなして調査したので、広く知られるようになった。セリグマンの調査した「石器時代的ベッダ」は、仮小屋をつくりながら洞穴、岩陰を移動しつつ、掘棒などの木器で根菜、果実、蜂蜜(はちみつ)を採集し、犬、丸木弓を用いた狩猟、毒流し、弓矢による漁労で動物食を自給した。セリグマンの調査時にも周辺農民と同様にシコクビエ、トウモロコシを主体とする焼畑農耕民でありながら「ベッダ」とよばれる人々がいた。「石器時代的ベッダ」では、かつてのシンハラと同じく母系、妻処婚が卓越し、交差いとこ婚が好まれると報告されている。しかし、3~5家族からなる小集団の縄張りは流動的で、セリグマンの報告した母系組織の実態を確認できないなど不明な点が多い。採集狩猟ベッダの石器時代的特徴は、セリグマン調査時でももっぱら物質文化に限られ、ヤク(夜叉(やしゃ)と同語源)を普遍的神格とするシャーマニスティックな宗教・儀礼は基本的にはシンハラと連続的だった。
 文献上のベッダはスリランカへの「アーリア人」到着以前の先住民であり、「アーリア人」到着後の古文献がシンハラとの通婚に言及しているから、2000年以上のちのセリグマン調査時にこの島の中で外界から隔絶した集団が「遺存」していたとするのはかなり不自然である。ベッダの言語の遺存的特徴の究明は放置し、岩陰、洞穴の石器時代遺物をベッダに帰するなどのセリグマンの報告内容には疑問が多い。[佐々木明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベッダの言及

【オーストラロイド大人種】より

…しかし皮膚の色は濃褐色で,長頭で脳容量が小さく,眉上弓が発達し,広鼻で鼻根部がくぼみ,唇が膨れている点など,原始的な特徴をもつ。アボリジニーとセイロンのベッダがこの大人種に属する。氷河時代末期にはオセアニアだけでなく,アフリカの北部や南部にも類似の頭骨特徴をもつ人々がいたようで,これらもオーストラロイドと呼ばれる。…

※「ベッダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベッダの関連キーワードアリラン先住民スリランカメノルカ島原始時代原始的スリラーブミプトラ政策原始的反応台湾の先住民選挙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone