コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネッリ Benelli, Sem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネッリ
Benelli, Sem

[生]1877.8.10. プラト
[没]1949.12.18. ゾアーリ
イタリアの劇作家,詩人。初期にはダンヌンツィオの影響を受けて戯曲を発表したが,『しみ』 Tignola (1908) にいたり,たそがれ派の特徴が明らかになる。その後,歴史や古譚に題材を得て詩劇を書くようになり,代表作『嘲笑の饗宴』 La cena delle beffe (09) は大成功を収めた。ほかに詩集『時代の子』 Un figlio dei tempi (05) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネッリ
べねっり
Sem Benelli
(1877―1949)

イタリアの劇作家。市民生活の幻滅を描く『穀象虫(こくぞうむし)』(1908)、歴史に材をとる『プルタルコスの仮面』(1908)、『嘲弄(ちょうろう)の宴(うたげ)』(1909)など詩的作風でダンヌンツィオの後継者と目されたが、後年は自我と人間の虚飾を描く散文劇『蜘蛛(くも)』(1935)、『象』(1937)、『恐怖』(1947)などが著名である。第二次世界大戦中はファシズムに抗してスイスに亡命した。ほかに詩集『時代の子』(1905)、評論『奴隷』(1946)などがある。[里居正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベネッリの関連キーワードダンヌンツィオイタリア演劇8月10日ブッツィ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android