ベブレン(読み)べぶれん(英語表記)Oswald Veblen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベブレン(Oswald Veblen)
べぶれん
Oswald Veblen
(1880―1960)

アメリカの数学者。アイオワ州の生まれ。アイオワ、ハーバードの大学に学び、シカゴ大学で学位を取得(1903)。プリンストン大学教授を経てプリンストン高等研究所教授。初期のヤングJ. W. Young(1879―1932)との共著『射影幾何学』(1909)もよく知られるが、1920年代に、プリンストン大学のアイゼンハルトL. P. Eisenhart(1876―1965)らと協力して、道の擬似幾何学、道の射影幾何学、リーマン空間の共形幾何学の研究と、これらの統一場理論への応用に貢献した。[矢野健太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android