コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルクマン ベルクマン Bergmann, Ernst von

4件 の用語解説(ベルクマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルクマン
ベルクマン
Bergmann, Ernst von

[生]1836.12.16. リガ
[没]1907.3.25. ウィースバーデン
リトアニア生れのドイツの外科医。 1882年ベルリン大学外科教授。脳外科の発展に貢献し,その著『頭部外傷についての講義』 Die Lehre von den Kopfverletzungen (1880) ,『脳疾患の外科的治療法』 Die Chirurgische Behandlung der Hirnkrankheiten (88) は脳外科学の古典とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ベルクマン Bergman, Sten

1895-1975 スウェーデンの動物学者,探検家。
昭和4年来日し,根室からウルップ島にわたり択捉(えとろふ)島で越冬。翌年の夏まで北端のアライド島にいたる千島列島(クリル諸島)各島の生物学的・民族学的調査をおこなう。1932年その記録「極東の一千の島々」(邦訳「千島紀行」)を刊行。カムチャツカ,ニューギニア探検でも知られる。享年80歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ベルクマン【Ernst Gustav Benjamin von Bergman】

1836‐1907
ドイツの外科医。リガ(リトアニア)で生まれ,1860年ドルパート大学を卒業して外科学助手となり,71年ドルパート大学教授。78年ビュルツブルク大学,82年ベルリン大学へ転じた。この間しばしば軍医として従軍,その経験から軍陣外科手術の改善に努力した。とくに創傷の消毒滅菌に注目し化学的滅菌法を研究して近代外科学の確立に貢献。また脳外科の開拓にも尽力した。【本田 一二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルクマン
べるくまん
Ernst von Bergmann
(1836―1901)

ドイツの外科医。無菌手術法の開発に努力した。リガ生まれ。ドルパット、ウィーン、ベルリンの各大学で学び、青年時代には軍医の経験もある。1878年ウュルツブルクユリウス病院外科部長、1882年からランゲンベックBernhard von Langenbeck(1810―1887)の後任としてベルリン大学外科教授となり、19世紀末ドイツにおける外科の第一人者といわれた。リスター石炭酸法にかえて、熱気や煮沸を主とした滅菌条件で先駆的な手術を行った。[中川米造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルクマンの言及

【手術】より

…一方それまで医学において遅れていたドイツのベルリンにもCollegium medicochirurgicumが設立され,ようやく医学の一分野としての外科の立場が認められるようになった。 19世紀に入って,アメリカのロングCrawford Williamson Long(1842),ウェルズHorace Wells(1844),W.T.G.モートン(1846)やイギリスのシンプソンJames Young Simpson(1847)らによる全身麻酔法,L.パスツール(1861)の腐敗現象は空気中の微生物によるという報告に基づいたI.P.ゼンメルワイス(1847),J.リスター(1867)らによる制腐消毒法,ベルクマンErnst von Bergmann(1886)やシンメルブッシュCurt Schimmelbusch(1889)による無菌法,エスマルヒJohann Friedrich August von Esmarch(1823‐1908)による駆血帯の使用は,その後の外科手術を飛躍的に進歩させることとなった。すなわち,ランゲンベックBernhard Rudolf Conrad von Langenbeck(1810‐87)の子宮全摘出術,ティールシュCarl Thiersch(1822‐95)の植皮術,フォルクマンRichard von Volkmann(1830‐89)の直腸癌手術,ビルロートTheodor Billroth(1829‐94)の胃切除術の成功例が報告されるようになった。…

※「ベルクマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルクマンの関連キーワード階乗Nエヌホルトイキイキザリガニn/dリガオスROBOW@NN末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルクマンの関連情報