コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロナ ベロナ Bellona

翻訳|Bellona

4件 の用語解説(ベロナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベロナ
ベロナ
Bellona

古代ローマの戦いの女神。ギリシアエニュオと同一視され,マルスの妻,または乳母あるいは姉妹ともいわれる。復讐の女神エリニュスに似た恐ろしい姿で,手に武器とたいまつを持ち,マルスの戦車を御する姿で表わされることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベロナ
ベロナ
Verona

イタリア北部,ベネト州ベロナ県の県都。アルプスから流れ出たアディジェ川が平野に出て曲流する屈曲部を占める。古代にはケノマニ人の居住地。前 89年にローマ人の植民都市となり,中心部に広場や闘技場,川の対岸に劇場がつくられ,3世紀には現存する城壁や城門が建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベロナ

ローマ神話の戦争をつかさどる女神。軍神マルスの妃または妹とされ,ギリシア神話のエニュオと同一視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベロナ【Bellona】

古代ローマの戦の女神。軍神マルスの后または妹とされ,ギリシア神話の戦の女神エニュオEnyōと同一視された。彼女の神殿は前3世紀初頭にローマ市の北西部,市壁の外の〈マルスの野〉に建設され,戦争から帰還した軍隊の指揮官や外国からの使節を迎える元老院の集会場として用いられた。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベロナの関連キーワードフロラマースマルスローマ風呂マルスの広場古代ローマの航跡をたどれヴィーナスとマルステルリック・プレッシャーミネルウァ《クロアチア軍神マルス》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone