コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーテ ベーテBethe, Hans Albrecht

5件 の用語解説(ベーテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーテ
ベーテ
Bethe, Hans Albrecht

[生]1906.7.2. シュトラスブルク
[没]2005.3.6. ニューヨークイサカ
ドイツ系のアメリカ物理学者フランクフルト大学ミュンヘン大学に学び,1928年学位を取得したあと,ケンブリッジ大学ローマ大学に留学。この間,アルノルト・ゾンマーフェルト,アーネスト・ラザフォード,エンリコ・フェルミらの指導を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベーテ(Hans Albrecht Bethe)

[1906~2005]米国の物理学者。ドイツ生まれ。原子核物理学の開拓に貢献し、核反応理論、特に恒星エネルギー生成論など、理論物理学の各分野に業績を残した。第二次大戦中は、原子爆弾研究所理論物理学部長を務め、原爆開発計画(マンハッタン計画)に従事した。1967年ノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベーテ

ドイツ出身の米国の物理学者。ミュンヘン大学でゾンマーフェルトに学び,1928年―1933年ドイツ各地の大学で教え,1933年渡英,1934年渡米しコーネル大学教授となる。
→関連項目ワイツゼッカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ベーテ【Hans Albrecht Bethe】

1906~2005) ドイツ生まれのアメリカの理論物理学者。1938年、原子核反応の研究から太陽エネルギーが核融合反応に由来するとした。ロスアラモスの原子爆弾研究所理論物理学部長。原子核物理学の創始者の役割を果たす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベーテ
べーて
Hans Albrecht Bethe
(1906―2005)

ドイツ生まれのアメリカの物理学者。フランクフルト大学、ミュンヘン大学で学び、1928年ゾンマーフェルトの下で学位を得た。その後フランクフルト、シュトゥットガルト、ミュンヘン、チュービンゲンの各大学で理論物理学を教えた。しかし、ナチスの支配によって地位を失い、1933年イギリスへ渡り、マンチェスター大学、ブリストル大学に勤め、1935年にはアメリカに渡り、コーネル大学物理学准教授、教授を務めた。1941年アメリカに帰化。第二次世界大戦中は、ロス・アラモス科学研究所理論物理学部長として原爆開発(マンハッタン計画)の指導的役割を果たした。電子対発生、核力、核子散乱理論、質量公式など原子核物理学の開拓に貢献した。とくに1935年から1938年にかけての核反応の研究はボーア複合核模型をより発展させたもので、その一連の成果がまとめられた論文は、原子核物理学の標準的なテキストとして15年近く利用された。また、1938年から1939年にかけて、ガモフワイツゼッカーらの星の熱核融合反応の理論を発展させ、炭素‐窒素サイクルが太陽における正しいエネルギー生成率を与えることをみつけた。第二次世界大戦後は、原子核物質、中性子星間物質の理論や、π(パイ)中間子の散乱と電磁波によるその発生についての研究に携わった。1961年には、原子力の利用と開発に対してフェルミ賞が、そして、核反応や星のエネルギーの生成についての研究に対し、1967年ノーベル物理学賞が与えられた。また、1956年から1964年まで大統領科学諮問委員を務め、行政レベルでの科学活動にも貢献した。1954年のオッペンハイマー事件では、一貫してオッペンハイマーを擁護する立場をとったことで知られている。[小林武信]
『A・ゾンマーフェルド、H・ベーテ著、井上正訳『固体電子論』(1976・東海大学出版会) ▽佐藤文隆訳「核反応理論への貢献――星のエネルギー生成の発見」(ノーベル財団著、中村誠太郎・小沼通二編『ノーベル賞講演 物理学10』所収・1978・講談社) ▽H・A・ベーテ、W・ハイゼンベルク他著、青木薫訳『物理学に生きて――巨人たちの思索の軌跡』(1990・吉岡書店) ▽Hans Albrecht Bethe The Road from Los Alamos(1991, American Institute of Physics, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベーテの関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベーテの関連情報