コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロパブロフスク・カムチャツキー ペトロパブロフスクカムチャツキー

百科事典マイペディアの解説

ペトロパブロフスク・カムチャツキー

ロシア,カムチャツカ半島南東岸,アバチャ湾の港湾都市。カムチャツカ州の州都。船舶修理が行われる。北洋漁業の基地で,航海学校がある。1740年創設。軍港として開発され,長い間軍事閉鎖都市だったが,1992年対外開放。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトロパブロフスク・カムチャツキー
ぺとろぱぶろふすくかむちゃつきー
Петропавловск‐Камчатский Petropavlovsk-Kamchatskiy

ロシア連邦東部、カムチャツカ州の州都。1822~1924年の間はペトロパブロフスキー港Петропавловский Портと称した。カムチャツカ半島の東岸、アバチンスカヤ湾内にある港湾都市。人口19万6700(1999)。重要な漁業根拠地で、船舶修理、漁業コンビナート、ブリキ缶、建設資材などの工業がある。また、科学アカデミー火山学研究所や、漁業、海洋学関係の諸学校、劇場、博物館などもある。イテリメン(カムチャダール)人の集落地に、1740年ベーリングの第二次カムチャツカ探検隊がペトロパブロフスキー柵(さく)(要塞(ようさい))を建設したのが起源で、1822年に市となった。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペトロパブロフスク・カムチャツキーの関連情報