コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルオキシダーゼ ペルオキシダーゼperoxidase

3件 の用語解説(ペルオキシダーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルオキシダーゼ
ペルオキシダーゼ
peroxidase

酵素番号 1.11.1.7。パーオキシダーゼともいう。ヘム蛋白酵素(→ヘム)の一種で,生体内に生じる過酸化水素を分解し,原子状酸素をアスコルビン酸フェノール類などのような受容体に渡す触媒の役割を果たす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ペルオキシダーゼ

 過酸化酵素過酸化物を還元して水酸化物にする酵素.過酸化水素の場合は,他の基質を必要としないが,例えばグルタチオンペルオキシダーゼは,還元剤として還元型グルタチオンを使う.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルオキシダーゼ
ぺるおきしだーぜ
peroxidase

酸化還元酵素の一種。過酸化水素または有機過酸化物による還元性の有機化合物、たとえばアスコルビン酸やp(パラ)-アミノ安息香酸などの酸化を触媒する酵素である。一般にH2O2+AH2→2H2O+Aの反応を触媒する。1942年スウェーデンの生化学者テオレルによってセイヨウワサビ(ワサビダイコン)から最初に結晶化された。
 動物・植物・微生物界に広く分布するが、それぞれの性質は多少異なる。セイヨウワサビにとくに多量に含まれ、古くから研究されており、狭義のペルオキシダーゼはこの酵素をさす。分子量は4万4000で、1分子当り1個のプロトヘム(プロトポルフィリンに2価の鉄がついたもの)を含む複合タンパク質で、カタラーゼと同様に鉄ポルフィリンタンパク質である。タンパク質部分とプロトヘムの鉄を銅やコバルトで置換しても酵素活性を失う。しかし、鉄だけではほとんど触媒作用を示さない。すなわち、プロトヘムはこの酵素の補欠分子族(補欠分子団)である。補欠分子族としてプロトヘムをもつものの例としては、甲状腺に存在するヨウ化物ペルオキシダーゼがあり、分子量は約10万でチロシンの生合成に関与している。このほか、牛乳から単離・結晶化されたものはラクトペルオキシダーゼともいい、分子量は約7万である。さらに、哺乳(ほにゅう)動物の肝臓、心臓や赤血球にはグルタチオンペルオキシダーゼが存在する。この酵素は分子量約2.3万のモノマーの四量体で、セレンを含有するセレノシステインを活性中心にもつ。過酸化水素や過酸化脂質の分解により、膜脂質やヘモグロビンを酸化から保護する抗酸化酵素として重要である。また、酵母にはチトクロムの酸化に関与する分子量約3.4万のチトクロムcペルオキシダーゼが存在する。[飯島道子]
『内海耕慥・井上正康監修『新ミトコンドリア学』(2001・共立出版) ▽R・K・マレー他著、上代淑人・清水孝雄監訳『ハーパー生化学』原書28版(2011・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペルオキシダーゼの言及

【酸化還元酵素】より

…生体内においては,水酸化(解毒,ある種のホルモンの生合成などに関係),脂肪酸の不飽和化,プロスタグランジンなどの生理活性物質の代謝,芳香族化合物の酸化的分解など,多くの反応に関与する。 このほか,過酸化水素を電子受容体とする種々のペルオキシダーゼperoxidase(AH2+H2O2⇄A+2H2Oという形式の反応を触媒する)があり,またやや特殊なものとして,ある種の細菌には,水素分子の出入りを伴う酸化還元反応を触媒するヒドロゲナーゼhydrogenaseが存在する。【川喜田 正夫】。…

※「ペルオキシダーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルオキシダーゼの関連情報