コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルソナ・ノン・グラータ ペルソナ・ノン・グラータpersona non grata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルソナ・ノン・グラータ
persona non grata

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明した場合にも,同様に理由を示すことなく単にペルソナ・ノン・グラータであるとして退去または任務の終了を求めることができる。外交使節団の職員領事とその職員にも同様の制度がある。実際の拒否の理由としては,言論や行動で派遣国に敵意を示す場合および犯罪を犯した場合などが考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ペルソナ・ノン・グラータ

夏樹静子のミステリー短編集。1989年刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルソナ・ノン・グラータ
ぺるそなのんぐらーた
persona non grataラテン語

外交使節を交換している国家間で、接受国が、派遣国に対し、外交使節団の構成員(外交使節および職員)である特定の者の受け入れ、滞在を拒否する通告。「好ましくない人」の意味。接受国は、いつでも、理由を示さないで、使節の派遣国に対し、特定の外交官がペルソナ・ノン・グラータであると通告することができる(外交関係に関するウィーン条約9条の1)。この通告を受けた派遣国は、その者を召還するか、その者の任務を終了させなければならない。ペルソナ・ノン・グラータの意思表示は、任務地の領域に入る前からいつでも可能である。また、使節団の外交官以外の職員および領事についても同様の制度がある。[広部和也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペルソナ・ノン・グラータの関連キーワード夏樹静子外交職員

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペルソナ・ノン・グラータの関連情報