コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルミ Perm'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルミ
Perm'

ロシア中西部,ペルミ地方の行政中心地。ウラル山脈中部西麓カマ川中流部に臨む河港都市。1940~57年はモロトフ Molotov。ヤゴシハ村に 1723年銅精錬所が建設されて以降発展し,1780年ペルミと改称され,市となった。カマ川の水運,シベリア大道,のちシベリア横断鉄道の開通により,交通至便の地として商業も発展した。ロシア革命後,交通上の有利な条件は以前に増して市の発展を促し,大工業中心地に成長した。主要工業は造船,機械 (港湾用クレーン,炭鉱用設備,石油工業用設備,木材工業用設備,モータ,電話機) ,製油,化学 (肥料,染料) ,木材加工,食品などである。またウラル地方最古の総合大学であるペルミ大学 (1916) をはじめ,鉱業,医学,薬学などの大学,バレエ学校,美術館,劇場などの文化・教育施設がある。市域はカマ川に沿って 50kmも延び,近郊の衛星都市とともに大都市圏を形成している。鉄道,ハイウェーの分岐点で,空港もある。人口 99万1530(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルミ

ロシア中西部,ウラル山脈西麓,カマ川河岸の都市で,同名州の州都。1940年―1957年にはモロトフMolotovと称された。カマ川の水力発電を利用して各種機械,化学,製油,木材加工などの工業が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルミ【Perm’】

ロシア連邦中部,同名州の州都。中部ウラル地方の西側にあり,人口109万3000(1993)。旧名モロトフMolotov(1940‐57)。カマ川とその支流チュソバヤ川合流点の少し下流に位置し,市街地はカマ川両岸にまたがるが,東岸のほうが大きい。河港,鉄道分岐点として交通の要衝である。工業都市としても重要で,石油精製石油化学,木材加工,製紙,建築材料,機械製造,造船などの工業が発達している。17世紀初めには小村であったが,1723年に銅製錬所が建設され,81年にペルミ市と改称,96年には県庁所在地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペルミ【Perm'】

ロシア連邦、ウラル山脈の西麓、ボルガ川の支流カマ川に臨む河港都市。製油・石油化学・機械などの工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルミ
ぺるみ
Пермь Perm'

ロシア連邦中部、ペルミ州の州都で、ウラルの工業、交通の大中心都市。ウラル山脈中部西麓(せいろく)のカマ川にエゴシハ川が合流する地点にある。人口101万7100(1999)。市域はおもにカマ川左岸に沿って延び、長さ50キロメートル、幅2~4キロメートルの細長い市街を形成し、ボルゴグラードやドニエプロペトロフスクに似た都市である。1940~57年にはモロトフМолотов/Molotovと称した。1723年、当地に銅の精錬所がつくられたのが市の始まりであるが、その後この工場は閉鎖された。しかしカマ川の水運に恵まれ、シベリア鉄道が開通し、有利な地理的位置にあることから発展することとなった。ウラル産の金属の搬入、西部の消費地への製品輸送に便利であったので、1863年ウラルでもっとも大きな金属加工工場が建設された。また、19世紀末に木材加工、農産物加工の工業がおこった。
 鉄道、ハイウェーの分岐点で、空港、河港を有し、工業はエカチェリンブルグと同様、機械工業が全生産物のなかばを占めるといわれる。造船業やモーター、電話機器、自動鋸(のこぎり)、電気機械などの生産が主要な工業である。そのほか、製紙、化学(染料、肥料、合成ゴム)、食品などの工業も発展している。ウラル最古(1916)の総合大学、鉱山、医科、薬科の各大学、石炭研究所、美術館、郷土博物館、劇場など、教育・文化施設も多い。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペルミの関連キーワードウラジーミル ワシーリエフコンスタンチン プィシンキーロフ(ロシア連邦)ニコライ ボヤルチコフモロトフ(ロシア連邦)岩石パンスペルミア説ナディア サイダコワリソパンスペルミア説ウドムルト(民族)ラブ・サムバディコミ・ペルミャククラスノカムスクチャイコフスキーグレミャチンスクペレット石灰岩アミン酸化酵素オートコレクトコミペルミャクベレシチャギノオムトニンスク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android