コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウジャク(蜂雀) ホウジャク

世界大百科事典 第2版の解説

ホウジャク【ホウジャク(蜂雀)】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。この科のガのなかで比較的小型で,主として昼飛性の種を含むグループに対し,ホウジャクという和名語尾で統一している。このグループの中心をなすMacroglossum属は,80種くらい知られ,おもに東南アジアの熱帯や亜熱帯に分布している。日本には12種知られているが,種数は南下するに従って多くなる。翅の開張4~6cm。胴は太く,翅は短く細長い。触角は棍棒状。飛翔(ひしよう)力が強く,長い口吻(こうふん)をもち,中南米ハチドリのように,翅を細かく振動させながら静止して,口吻をのばし,花みつを吸うので,humming‐bird mothという英名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android